FC2ブログ

ハリCANE Vol.672

25. Nov. 2018
バンブーロッド教室風景
バンブーロッド教室7回コースでご参加のAさん。
1asan2_convert_20181125185103.jpg
まずは竹割りから。 力の入れ方に微妙なコントロールが必要な工程。
1asan_convert_20181125184114.jpg
割った竹を真っ直ぐにする工程。 地味な作業ですがこれが大切!
1asan1_convert_20181125185235.jpg
荒削りの工程。 荒削りだからと言って手は抜けません。
1asan3_convert_20181125185350.jpg
三角形状になり始めています。 なるべく正三角形を目指します。
スポンサーサイト

ハリCANE Vol.671

15. Nov. 2018
1twohandrods_convert_20181115150659.jpg

遅ればせながらFACEBOOKを始めたものでブログに手が回りませんでした。
実際にフェイスブックかなり前、日本ではまだ浸透してない頃にアメリカ在住の
石村美佐子さん(WFFJ会長)からお誘いがあり登録したのですがその後は
ずっとほったらかし状態でした。

ここに来て急に始めた訳ですが、友達リクエストが一日50件くらいきます。
最初は全て承認してましたがスタンプを多く送ってきますので、自分の投稿が
若い人の遊びみたいになってしまいます。 なので最近は承認を減らしてます。 
しかし同性愛者、ボランティア要求者、ペテン師、金融業者等々、結構色々な方
が居ますので対応が結構大変ですね!(笑)

ハリCANE Vol.670

19. Oct. 2018
ロングノード(節長)ケーンへのこだわり
qingb_convert_20181019101213.jpg

「竹は節ありて強し」という言葉があります。 東作の何代目のお師匠様が
おっしゃった言葉として竹竿師の間では知られた言葉です。

画像上はトンキンケーン。 節の長さは50cm。 トンキンの場合は長くても
一番長い部分で52~53cm位です。 60cmの節間のある物はかってお目
にかかったことはありません。 画像下はトンキンケーンとは別の種類のロング
ノードケーン。 下の物は節間60cm。 もっと長いものだと70cmくらい有る。 

ロッド制作だけでなく物の制作者は主張があって然るべきであると考えて
います。 竹竿制作であるなら、たとえば徹底的に節の多い(節間の短い)
ロッドを作ってみるとか人が何と言おうが自分が作りたい物を作ってみる。
それこぞが個性であり、良い悪いよりも作品に触れた時に面白いのだ。 
僕の場合は何回か主張してきたとおり節無しロッド。 トンキンケーンで
あれば5ピースにするとかが僕のテーマだ。 トンキン以外の竹に目を向
ければ7フィート、3ピースロッドなども制作できることになる。

ハリCANE Vol.669

09. Oct. 2018
トンキンケーン入荷しました!

tonkinarrive1_convert_20181010184723.jpg

無事にトンキンケーン入荷しました。 丸竹だけでなくスプリットまたは丸ノコカットまで
ご注文に応じることができます。 また5本単位であれば3.6Mのノーカット1本物でも
送ることが可能ですので、詳細はお問い合わせください。 現在では日本を含む世界で
販売されているトンキンケーンは中国のこの1社の物です。 当店ではこの工場に直接
赴き検品して購入しております。 10年間の交流を通じ今では竹工場社長宅に泊めて
頂く程の信頼関係を築きました。 今後も良いトンキンケーンの提供が可能ですので
是非ご利用下さい。

ハリCANE Vol.667

02. :Oct. 2018
チンバンブー同時入荷!
真竹とトンキンケーンの中間的な存在か・・・
qingbamboo1_convert_20181002152724.jpg

お待たせしておりますトンキンケーンですが来週入荷する予定です。
それに合わせまして本邦初販売となりますチンバンブーが入荷します。
故中村羽舟さんが絶賛した貴重な竹です。 重量と反発力はちょうど
真竹とトンキンの中間的な感じとなります。 以前赤城の管理釣り場で
羽舟さんのロッドを皆で振ることになり僕もお声が掛かり参加する機会
がありました。 その時の模様は以前のブログでも紹介したとおりです。 
トンキン、真竹、淡竹、女竹、布袋竹のロッドの中にチンバンブーロッド
もありました。 このロッドは同じ力で振っても何故か余計にラインが延
びるんですと羽舟さんが言うので振ってみたら確かに2mくらい余計延び
るような感じを受けました。 晩年も欲しがっていたチンバンブーですが
簡単にご提供できるものではなく次回になんとかしますと言うしかあり
ませんでした。 羽舟さんのご健在な時に間に合わせることはできません
でしたが今回現地竹屋さんに無理を言って探して頂きました。 
限定数となりますが年内に販売を予定しております。

ハリCANE Vol.666

13. Sept. 2018
トンキンケーン来月初旬入荷予定
tonkinpoles1_convert_20180913171208.jpg

ベールにパックされたトンキンケーン。 この工場からコンテナーに詰まれ
次にコンテナーの扉が開いた時には当店の倉庫に大移動。 しかしこれを全部
僕が1人で降ろすことになる訳だ。 腰ベルトを探しておこう!


ハリCANE Vol.665

25, Aug. 2018
トンキンケーンの村を再び訪ねた
竹産業の村は広東省南領山脈の中にあり
1huj1_convert_20180825085005.jpg
最初に中国からトンキンケーンを輸入してからかれこれ10年位たちます。
全く中国語が出来ない状態で通訳を雇い広州南領山脈の町を訪れ、数
多い竹屋を数多く訪ね歩いたのが昨日の事のように思えます。
今回竹の仕入れで再び訪れることになりました。 これで数回目の仕入れ
の旅ですが、ひとまず順を追って記事にしてみます。

広州駅は猛暑の中にあった1huj3_convert_20180825085759.jpg
広州を訪れるにはいくつかの方法があります。 飛行機、列車、バス等。
一番簡単なのは勿論飛行機でダイレクトに広州白雲飛行場に降り立つ。
いつもはこの方法ですが、今回は香港経由、陸路で広州に向かいます。 
ただこれが案外大変。 香港を出る際には出国手続き、中国に入るには入国
手続きがあります。 凄い数の人が流れる水のようにイミグレションを目指し
います。 なんとか諸手続き終え広州のホテルに入ったのは20時を回って
ました。 中華レストランがあるとのことでそのホテルに決めたのですが
中華レストランはありませんでした。 残念! ビールが飲みたかった。
翌日早朝広州駅へ向かう。 バスステーションはそこから歩いてさほど
遠くない。

1huj4_convert_20180825091647.jpg
しかし猛暑と多湿でちょっと歩いただけでどっと汗が吹き出る。 やっとの思い
で辿り付いたバスステーション。  しかし行き先と出発時間が表示される電光
掲示板に自分が前もって調べておいた目的地と出発時間のバスが表示され
ない。 目的地は同じでも17時発とか。 適当な窓口に並んで目的地を告げる
と9:00発があるという。 希望の出発時刻と異なるがそれで行くほうが良い。
しかし9:00発のバスも電光掲示板には出てないのだ。 全くj訳が分からない
がとにかく購入できたので一安心。

1huj5_convert_20180825094504.jpg
一旦バスに乗ってしまえば快適です。 そう言えばバスの料金に一等と2等が
あったので一等にしたのですがこれが大正解でした。 その差はなんだろうと
思っていたのですが一等席は横並びの席を一人で使えるのです。 二等だと
誰かが横に座ります。昔は4時間かかった悪路も高速道路のお陰で2時間少々
で到着してしまいます。 

1huj6_convert_20180825095648.jpg
バス終点懐集という町に到着。 竹屋の社長さんが出迎えてくれました。 竹工場は
そこから更に20km走った所にあります。 画像は竹工場のある街の風情。 朝は
活気と平和な空気で溢れています。 昼食後にいよいよ竹選びの作業にかかります。

1huj7_convert_20180825100812.jpg
社長の家の天井には昔懐かしい吊扇風機が回ってました。 家は4階建てで
大きくて快適な部屋を用意してくれました。 シャワーも完備されているので作業
でかいた汗を流すことができました。

1huj8_convert_20180825101222.jpg
全部で13品位ありました。 泊めて頂いた上で家庭料理を振舞われる。 これは
最高のおもてなしとなります。 豚足とか鯉とか牛の内臓とか美味しく頂ました。
ビールが旨かったことは言うまでもありません。

1huj19_convert_20180825104120.jpg
翌日は社長とバイクで一周。 途中でスイ川を渡ります。 勿論バイクも一緒に
同船。 このバイクはかってアンディーロイヤーも乗り回していたものだそうだ。

1huj10_convert_20180825104451.jpg
バイクで回ると色々な竹を身近に見ることができます。 この竹は一般的
に川辺に生えている物。 太竹と言います。 地元の呼び方で学名では
ないと思います。 直径は皆7~8cm以上あります。 この竹も以前ある
業者が日本に輸入した経緯があります。 トンキンケーンとして販売された
こともありトンキンは凄い太いものがあると勘違いされている方もいます。
太いですのでミドルラインクラスには良いかもしれません。 しかし今回は
この太竹を入荷する予定はありません。 トンキンケーンと一緒に入荷し
ようと考えているのが青竹。 地元の呼び方です。 真竹並みに軽くトンキン
ケーンに近い張りがあるというので故中村羽舟さんが惚れ込んだ竹です。

1huj11_convert_20180825105616.jpg
トンキンケーンを切り出すには2つの方法があり、一つは川に落としてイカダで
川べりの工場に持ち込み作業するスタイル。 そしてもう一つの方法は?

1huj2_convert_20180825110334.jpg
山から引きずり降ろす。 画像で分かるように地面がトンキンケーンにより削られ
窪んでいる。 現在販売されているトンキンケーンは全てこの道を経て世界に販売
されていると言う。 竹屋の社長が小さい頃からこの山道から降ろしているそうだ。

1huj20_convert_20180825111824.jpg
バイクトリップの締めくくりはバンブーフォレスト。 前画像のトンキンケーンの路を辿れ
ば太いトンキンケーンの生える一帯に出る。 前回は雨と雷。 今回は天気は爽快。
上まで行きたいのはやまやまだが早く香港に戻らなければならないので諦めて引き返した。 
次回に来る時には必ず奥の太いトンキンが生えるサンクチュアリー迄行くことにしよう。
(注)この回り一帯は全てトンキンケーン。 ただ太いのが生えるのはこの路を辿った
奥の僅かな一帯に過ぎない。

1huj12_convert_20180825114900.jpg
再び香港に戻る。 ネイサンロードを歩いていると竹の足場が組まれた時計店を発見。
前回ブログでのショップには「英皇鐘」とある。 何でしょう。 正解はローレックス。 

1huj14_convert_20180825115502.jpg
道端に足場用竹が置かれていました。 高竹と呼ばれます。 背が高いから高竹。
良く見てください。  ノードリーフがかなり大きい。 

1huj18_convert_20180825120102.jpg
最後の晩なので街をぶらつき夜風の良く通る屋台のような店で北京ビールを飲む。
思い起こせば短い5日間に実に色々な経験をすることができました。 トンキンケーンが
在庫となる日もそう遠くはありません。




















ハリCANE Vol.664

11, Aug. 2018
香港の足場の竹
1hkashiba_convert_20180811160126.jpg

まずトンキンケーン入荷の話ですが、10月には入荷出来そうです。 今回は
竹屋さん宅に泊めていただきますのでちょっと緊張です。 今回メールのやり
取りも中国語。 中国語勉強7年で成果が現われたかな。

中国には香港から入ることにしましたので香港を調べていたらこんな洒落た
画像を発見。 (無断使用して済みません) 話に聞いた香港の建築足場の竹。
一見良さそうな竹ですが、トンキン竹とは微妙に違いますね。

ハリCANE Vol.663

03, Aug. 2018
トンキンケーンと広州への旅
1tonkin_convert_20180803150243.jpg

トンキンケーンを買うには山の奥まで行かなければならない。 ホテルの手配なども
僕には楽しい仕事だ。 しかし今回は竹業者の家へ停めてもらうこととなった。 

とまあ気持ちが高ぶってくるのだが、航空運賃は8月は高い。 これからキャンセル待ち
で予約を入れることにする。 行ったからにはトレッキングできるような場所がありそうな
のでガーミンを持っていってみたいと思う。 日本では頼りになるガーミンだがもちろん
全世界で使える。 山だけでなく田舎の町でどのように使えるかも楽しみである。

ハリCANE Vol.662

28, July, 2018
トンキンケーンSOLD OUT
現在トンキンケーン在庫切れとなってしまいましたが・・・
1tonkinforest_convert_20180728133230.jpg

トンキンケーンは在庫を切らすことのないように勤めてまいりましたが今回は不手際にも
在庫切れとなってしまいました。 ご購入希望の方にはご迷惑をお掛けしまして申し訳
ございません。 この度輸入の為に中国へ行く予定です。 次回入荷は順調にいけば
9月~10月になると思います。 

画像は前回買い付けの際に訪れたトンキンケーンフォレスト。 バンブーロッドビィルダー
には神聖な場所と言って過言ではありません。 またここも訪れる予定ですのでレポート
します。


ハリCANE Vol.661

20, July. 2018
バンブーロッド教室Tさんの挑戦
この暑い中バンブーロッド教室に参加される方は少ないですが・・ts0_convert_20180720161523.jpg

同じ埼玉県からご参加くださいましたTさん。 荒削りに挑戦の風景。 三角形になっ
ていない竹をどう三角形状に仕上げていくかまず疑問になることと思いますが・・・
画像のような伸びた切り屑。 これはカンナの刃で削っているのではなく割いている
状態。 刃が鋭角だとこういう切り屑になっていきます。 

ts1_convert_20180720161951.jpg

一度研いだら竹3本くらい削ってまた研ぎ直しています。 真竹ならそのまま6本続け
て削るのも可能。  現在当教室で使用している竹はかなり良い乾燥状態で、繊維が
固くなってきています。 こんな時は刃の研ぎ角は通常より若干起こします。 竹の状
況を見て研ぎ角を調整するのがポイントだと思います。

ハリCANE Vol.660

04. July. 2018
渡良瀬遊水地の更に奥へ
グラビア橋から見たものは・・・の巻き
wataraseyuusuichi_convert_20180109161339.jpg

先日、元キックボクサーのマサトとA.B.C-Zの塚田君が大利根道の駅を始点にして
最終の那須道の駅までマラソンで行く番組やってましたよね。 僕のホームグランド
の渡良瀬遊水地も紹介してましたのでご覧になった方もいるかもしれません。

画像は以前も紹介しましたが渡良瀬I遊水地の最北部。 ここまで来ると訪れる人も
少なく思い川サイクリングロードを走る人や秋になるとコミミズクを写真に撮ろうと
訪れる人達がいる程度です。 思い川サイクリングロードを使わず栃木市に抜ける
田舎道を探してましたがついに見つけました。 マイナーで地元の人しか知らないよう
な道!

1uzuma1_convert_20180704082402.jpg

その道は非常に楽しいコースで背景に大平山、晃石山がくっきりと見えます。 自分
のトレッキングのホームグランドとしている山です。  こんな景色の良いサイクリング
ロードですが検索しても簡単は見つけられない場所で、誰ともすれ違うことなく栃木市
を目指したのです。 しかしこの日の暑さも強烈でついに頭がクラクラして来ました。
ヤバそうなので熱中症を危惧して途中で引き返すことにしました。 また次回にチャレ
ンジします。

1uzuma2_convert_20180704083331.jpg

途中渡良瀬川にかかる橋を渡ります。 そこは車では通り抜けできない橋で殆ど
誰も来ない橋です。 初めてこの橋を渡った際に橋の中央部でなにやら撮影して
いる人達がいました。 薄い透け透けのネグリジェ姿の女性が橋の欄干に持たれ
ていて男性は無心にカメラを向けています。 変なタイミングで僕がそこへ出くわした
のですが、カメラマンは僕の存在に気付いた様子もなく真剣に撮影を続行してまし
た。 前を通過するのも失礼と思い撮り終えるまではと自転車を停め見てました。 
おそらく雑誌のグラビア写真を撮っていたのでしょう。 今回も行きにここを通貨する
際に又男性二人と金髪の外人女性が撮影してました。 女性の格好からはやはり
グラビア撮影のようでした。 モナリザの微笑みではありませんが荒涼とした大地を
背景に幻想的な写真が撮れるのでしょう。

帰りにはそのグラビア橋には誰もいませんでしたのでちょっと川を覗いてみました。
沢山の大型魚の群れています。 そうです中国原産のレンギョ。 古河市地区では
レンギョが利根川の川面一面にジャンプしまくる映像をTVで見た方もいるでしょう。 
ここはそこから10km位上流の支流渡良瀬川となります。 体長は60~80cm位
でしょうか、産卵の為千葉県利根川下流部から登ってきています。 

ハリCANE Vol.659

26, June. 2018
GPSナビガーミンで遊ぶ!
地図好き人間にはたまらないアイテムなのだ!!
1garmin_convert_20180626180330.jpg

GPSはご存知の通り宇宙衛星からの電波を拾い自分が今地上のどの位置にいる
のかを殆ど誤差無く示してくれます。 スマホも同様なGPSアプリは有ります。 スマ
ホアプリでも山道を間違えた時に役立ってくれました。 大変便利なスマホですが、
山専用で使うには欠点もあります。 電源オンの状態を続けるとバッテリーの消費が
早くまたスマホ本体が熱を持ってしまいます。 そこで今回入手したのがガーミンと
いうGPS専用ナビ機器。 掌にちょうど収まるサイズ。 単三電池でON状態で一日
持つ。 且つ熱くならない。 近くのコンビ二やショッピングセンター、食堂なども表示
させることの出来る優れ物。 もちろんスマホも同様の機能を持っているのでそれでも
十分ではあるが、僕のように方向音痴な人間にはGPS機器を一日中ONにして使用
したい。 勿論現在位置表示だけでなく目的地設定してハンディーナビとしても使える。 
専用ホルダーで自転車やバイクに取り付けて利用する人も多いし、実際に僕も早速
葛西臨海公園から埼玉県加須市まで荒川サイクリングに使ってみるつもりだ。

またフライをする人ならGPSを渓流で使うことも可能だ。 特に初めて入渓する川でも
今どの辺に居て、どの辺から林道に出ようなどの使い方も出来ると思います。




ハリCANE Vol.658

19.June.2018
またまたトレッキングの話
またトレイルを歩いている自分がいる・・・
1gds1_convert_20180619111512.jpg
葛飾北斎 「行道山くものかけはし」

昨年から始めた山歩き。 近くの山をメインにに月に3~4回位のペースで歩いている。
山と言っても初級レベルなので低山でまずは練習中。 しばらくお休み中のフライフィシング
もそろそろ開始しようと思いながらも次に歩く山を物色しているのだからフライを開始するの
はまだ少し先になりそうだ。  これまで歩いた中で思い出に残るコースは2月の宝登山。
秩父線の野上駅で降りてから入山しロウバイを見てから下山し長瀞駅から帰宅するコース。
野上駅に降り立った時からローカル感溢れ、あまりに楽しいコースなので自分の年間ハイキ
ングコース入り決定!

それともう一つ挙げるなら足利の行道山~織姫神社を回るコース。 上の画像は登山口に
ある浄因寺の清心亭を葛飾北斎が描いた「行道山くものかけはし」  関東の高野山と言われ
多くの僧が修行したこの寺の山には3万3千もの石仏があるらしい。 有名なのは寝釈迦と
呼ばれる石仏。 つまりこの登山道はかっての修験道なのだ。

1gds2_convert_20180619114405.jpg

行道山の登山口より少し登ると浄因寺の山門がある。 この雰囲気溢れる山門を見ただけで
楽しくなってくるコースだ。 山門は2つあり、この山門の上の方に先に述べた清心亭があるの
だが実は清心亭の存在に気が付かずに過ぎてしまった。 途中で気が付いたが見に戻るのも
大変だ。 紅葉の季節にまた必ず来るのでその時にゆっくり見ることにする。 ここも気に入った
ので年間ハイキングのコースに決定だ! 浄水寺の登山口から織姫神社迄は3時間30分位
のコース。 途中キツイ登りが数箇所ある。 最後の織姫神社から200数十段の階段を降りれ
ば登山終了。 そこには足利市の町並みが待っていてくれるのだがそのギャップがまた楽しい。 

ハリCANE Vol.658

14. June. 2018
大平山アジサイ鑑賞&ハイク
アジサイの季節。 鑑賞がてらブラっとハイキング^^
1oohira_convert_20180614180707.jpg
栃木県大平山麓にある大中寺。 最初は真言宗だったお寺が荒れ果てて
上杉謙信の寄進で立て直されて以来曹洞宗に。 北条と上杉が和合した
場でもあり由緒有る寺だそうです。 とまあウンチクはさて置き。 紫陽花が
が綺麗な寺なので見に行ってきました。 
1oohira1_convert_20180614175555.jpg
七不思議でも知られる大中寺。 大平神社に出るのに僕の場合寺の横から
細い山道を辿れば30分程。 結構勾配がありますので覚悟が必要です。
1oohira2_convert_20180614175634.jpg
ここは大平神社。 紫陽花祭りが始まります。 まだちょっと早いですが多く
の観光客が訪れていました。 ここは桜も有名です。 名物は焼き鳥、団子、
卵焼きで神社の近くの食堂で食べることができます。 
1oohira3_convert_20180614175701.jpg
奥の院に続く行く道がそのまま大平ハイキングコースになってます。 栃木市
の人気コースNo.1。  大中寺を始点として一周すると3時間程。 僕は今年
これで3度目。 尾根のなだらかな山道が続いた後はまた登りが待ってます。
1oohira4_convert_20180614175725.jpg
展望も数箇所開け、関東管領を命ぜられた上杉謙信も眺めた景色でもある。
この後さらに山道を進み桜峠という休憩所で昼食をとり、清水寺(せいすいじ)
を経由して大中寺に戻ってきました。 


ハリCANE Vol.657

10. June. 2018
バンブーロッド制作教室
O氏のバンブーロッド教室参加の模様
osan3_convert_20170109185421.jpg
仕上げ削り風景
osan1_convert_20180610151413.jpg
接着風景
osan2_convert_20161231132618.jpg
接着、バインディング
osan_convert_20180610151231.jpg
大変綺麗にブランク完成。 Oさん5回コースご参加頂きましてありがとうございました。

ハリCANE Vol.656

08. May.2018
秩父三峰神社の表参道を歩いてみた

mitumine_convert_20180508121553.jpg

三峰神社は西部秩父駅から三峰神社までバスが運行しています。 今回は西武秩父
駅9:10発のバスに乗車。 終点まで行かずに大輪というバス停で降りて歩いて行き
ます。 このバス亭で降りた人は僕の他にもう一人シジミ蝶の観察と撮影に来たと言う
同年代位の方の二人だけ。 その方は目的が違うのでゆっくりペースで行くと言うこと
で途中でお別れし1人で山道を進みます。 いつも初めての山道は期待でわくわくします。
登り始めにこんな看板を見て思わず北海道を思い出しました。  まあめった熊に出くわ
すこともないだろうとたかをくくって熊鈴も持たずに参道を上る。 途中参拝の人が身を
清めたという滝もあり、なかなか楽しい。 つずら折れの山道は全て登りで足が上がら
ない。 昔は信仰の為老若男女この道を登ったのです。 三峰神社どうその姿を現すの
だろう。 途中、1人の眼鏡の似合う若い女性ハイカーが下ってきました。 2時間半で出
会った方はこの方のみ。 やっと到着した三峰神社ですが本殿をお参りしてすぐにバスで
帰路へと向かいます。 最初に降りた大輪のバス停ではまたシジミ蝶観察家の方が乗って
きて偶然にも行きと同じ僕の横の空席へ。 これにはお互いに笑ってしまいました。 
途中1人だけ人に会ったとのことでしたので「眼鏡の若い女性でしょ、途中で僕も会いま
した」と言うとまたまた笑ってしまいました。 終点西部秩父のフードコートで今日の健闘?
を称えあって見知らぬどうし生ビールで乾杯。 10分程度歓談してお別れしました。
 「またどこかでお会いしましょう」ということで僕は秩父線お花畑駅を目指しました。 お花
畑駅は芝桜駅という愛称で呼ばれているようです。 山歩きを始めて感じることは他の方と
の会話やふれあいがあることですかね。 なんとなく爽やかな気分になった一日でした。

ハリCANE Vol.655

06, Apr. 2018
バンブーロッド製作教室4月現在の様子
4名の生徒さんが別々に参加して頂いております。 その模様をアップしてみました。 
画像は暗く写ってますが、実際には大変明るい部屋での作業です。 以前は5回コース
と7回コースがありましたが、現在は5回コースのみとなります。 ロッドはレナードの銘竿
38H 7’0”#4 2ピースを製作します。 興味ある方は是非参加ご検討ください。
詳細は当ホームページご参照の程。
ラフフォームで荒削り
bam2_convert_20180406153526.jpg
曲がり直し、竹を熱して手で直す
bam1_convert_20180406153329.jpg
火入れに使用するオーブン
bam3_convert_20180406153650.jpg
出っっている節を削り平らにする
bam4_convert_20180406153816.jpg
ヒートガンを使用して曲がり直し
bam5_convert_20180406153917.jpg

ハリCANE Vol.654

09. Jan, 2018
渡良瀬遊水地際北側
wataraseyuusuichi_convert_20180109161339.jpg

ここ渡良瀬遊水地は一帯がラムサール条約により保全地域となっていて湿地帯と
しては日本一の規模を誇る。 北海道の釧路湿原などの湿原地帯とは比べものに
ならない程小規模であるが250種近い野鳥が生息し、そのうち絶滅危惧種も50種
ほど含まれるということです。 多くの野鳥撮影ファンが訪れ、絶滅危惧種の灰色
チョウヒ(鷹の一種か)やコミミズクの姿を撮ろうと望遠レンズが並ぶ光景も見られる。

また渡良瀬遊水地は渡良瀬川サイクリングコースの終点でもあり、僕もこ2年ほど
サイクリングロードの始点である群馬県桐生市の錦桜橋からここまでサイクリングし
ています。 竿師の中村羽舟さんの工房も錦桜橋の近くなので渡良瀬側を走る際は
中村さんの所に顔を出してから走ったものです。 もう羽舟工房に顔を出すこともない
と思えば少々寂しい気持ちにもなります。
(実際の渡良瀬サイクリングロード終点は藤原大橋というこれより上流の橋)

画像は渡良瀬遊水地の一番北のあたりでここまで来る人は少ない。 ここでゆっくり 
コーヒーを飲むのが最近の楽しみ。 面白い標識があったので写真に撮ってみました。 
富士山、筑波山、男体山、ミカモ山の文字が見える。 自転車は折りたたみ式バイク
英国製ブロンプトン。

ハリCANE Vol.653

07, Jan. 2018
 A Happy New Year 本年もどうぞ宜しく!
謌悟ケエ蟷エ雉€迥カ_convert_20180107131754

今年は戌年ということでウチの白シバのハクの写真を使い年賀状にしました。
当年10歳のハクは人間で言ったら50数歳です。 まだまだ元気ですので長生
きして下さいね。

今年の抱負は特にありませんが仕事始めは去年から手がけているブラスリール
作りの続きからのスタートになります。 トンキンケーンの在庫も少なくなってきま
したので中国に行くかどうか現在検討中。

今年も良い年になりますように。



ハリCANE Vol.652

01, Dec.2017
ブラスリール現在進行中!
現在ブラス(真鍮)リール製作中。 ちっと手を休めて写真を撮ってみました。
brassreel_convert_20171201143507.jpg

リールフットが完成し現在は画像の上部分のリングフレームが完成。
真鍮やニッケルシルバー(非鉄金属)のリールでは大変重くなってしまいますので
スプールはアルミ製にします。 こうすることで重過ぎず軽すぎず中間的な重さに
なるはずです。 ブラスリールは今回始めての製作となります。 販売は来年くらい
を予定しております。

ハリCANE Vol.651

21. Nov. 2017
利根川の遡上鮭
salmon_convert_20171121143056.jpg

近くに利根大堰という堰があり鮭の遡上を見に行ってきました。 ここは海から最初の
堰であり遡上してきた魚は一旦ここに溜まる。  堰堤下流500mは通年釣り禁止。
それより下流には釣り人の姿も見えるが鮭釣りは勿論禁止。 
 
魚道が設けてあり見学者の為に階段で下りてガラス越しに魚道を上る魚を観察する
ことが出来る。 この無料施設は案外近くの人でも知らない穴場的存在で運が良けれ
ば遡上の鮭を見ることができるのだ。

10月~12月が遡上が多いのですが、見れない時はなかなか姿を現さない。
今回はすぐに見ることができました。 またこの日は漁協関係だろうか、鮭を捕獲
していて何かを調査(遡上状況等)しているところも見ることができました。

ハリCANE Vol.650

17. Nov. 2017
24分割トンキンスプリットケーン(ロッド4本分)
24piece_convert_20171117113955.jpg

ナタ割24分割です。 ティップ及びバットセクション各24分割で2ピースロッド4本分
となります。 手割の為割り幅はばらつきあります。 幅5~6mmとなりますので
#3~4ロッドに最適です。 細い分曲がり直しはかなり楽になると思います。

長さ150mm 24分割  ¥11,000+税となります。

ハリCANE Vol.649

07, Nov. 2017
ブラスリールフットを作ってみる!
ニッケルシルバーリールもほぼ作り終えましたので次はブラス(真鍮)リール製作
brassfoot_convert_20171107140050.jpg

ブラスリール製作するにあたりまずリールフットが無いのでそれから作ること
にします。 画像はニッケルシルバーに見えますが実際は淡い金色の真鍮。 
この後バフで磨き光沢を出していきます。 画像上はフライスでアール加工した
ワーク。 リールシートと接する部分となります。 この後旋盤でテーパー加工。

自作される方はリールフットの内側のアールがネックとなります。 フライスを
お持ちでない方が殆どだと思いますが旋盤でけで加工することも可能です。

具体的な製作解説は以前ににフライフィッシャーで5回連載(当時は月刊)で
又フライロッダースでは「ハンドクラフト教書」で行いました。 取材でははフラ
イスを使用せず旋盤メインの製作例で誰でも出来るという企画で行いました。
興味ある方は現在も販売されている「ハンドクラフト教書」をご参考ください。
 
現在レオンリール製作はマイペースで行っております。 リールをある程度
製作したら次はリールシートをまとめて製作します。 バンブーロッド製作は
それらが終わってから作り始める予定です。


ハリCANE Vol.648

1, Nov. 2017
リールスペーサーモルタイズド加工
mortaized_convert_20171101161749.jpg

最近はリール製作してますが今日は趣を変えてリールシートの加工をしました。
画像は二枚刃のモルタイズ用カッターを高速で回しフライス盤で加工しているところ。
かっては当店でもトリマーで使えるモルタイズド用ルータービットを販売してました。
今でもたまにこのビットについて問い合わせがあります。  もう製作販売の予定は
ありませんが、どうしても刃がほしい方は刃物工場を探し図面を書いて特注するのも
手です。 予算は2~3万円位見ておけば大丈夫でしょう。 もっと簡単に安くすませ
るのであればアメリカよりネイルビットを購入し、グラインダーで肩を落として使用す
る方法です。 バンブーロッド全盛時代には皆そうやって上手に加工したものです。

ハリCANE Vol.647

17, Oct. 2017
二胡プロ演奏家の黄(HUAN)氏
二胡とは中国の楽器。 古くはシルクロードの民ソグド族が中国にもたらしたのが
その名の由来で、彼らは胡人と言われることから二胡の名前が付いたのです。 
因みに二胡の二は弦が二本しかないから。 
huan_convert_20171018131144.jpg

弦楽器愛好家なら皆二胡の長い音(ロングトーン)には憧れることでしょう。
弓で擦りだす擦音と言われる音だ。 ビブラートを効かせたロングトーンは何
とも言えない魅力がありその魅力にやられてしまうだろう。

かくいう僕もこの二胡に魅せられてから早4年。 単純な楽器だが演奏は逆
に難しく最近やっと形になってきたかなという程度。  画像は台湾人二胡
プロ奏者の黄氏。 友人であり実際は僕の二胡のお師匠さん。 
(16/10/2017 東京某所ライブ風景)

ハリCANE Vol.646

11. Oct. 2017
ひさびさのサイクリング

ウチの傍に用水がありまして用水に沿ってサイクリング道路があります。 そのサイク
リングロードは別のサイクリングロードへ繋がってまして、更には利根川サイクリング
ロードへと繋がっています。  コースはその日の気分や都合で長短色々組めます。 
お気に入りは東武動物公園を経由するコース。 昼飯時間を入れて4時間位。
「よしこれで行こう!!」 ということで行ってきました。
biggrass_convert_20171011151857.jpg
天気にも恵まれ気分良くサイクリングを楽しみましたが、途中でびっくりする光景を
目撃! あまりに驚いた為に写真を撮りましたのがこの画像。 わかりますか?

そうです自転車後方の植物です。 竹や木でなく草です。 約4~5mの高さくらい
あります。 この春にも同じコースを走ってますが、その時は見てません。 
在来種が好き勝手に伸びたのか。 或いは外来種か? 茎も物凄く程太かった
ですよ。 因みに今春には2m50cm位の菜の花をみた話はこのブログでも
ご紹介しておりますが今回のはそれを上回るチャンピィオンクラスです。

ハリCANE Vol.645

03. Oct. 2017
ニッケルシルバーリール パーフォレイテッド
nsperforated_convert_20171003163713.jpg

アメリカの古き佳き時代のクラシカルリールはエボナイトのサイドプレートが
多く使われています。 一度この素材について調べたことがあります。 入手
可能ではあるのですが磨きの要領も不案内なこともあり断念した記憶があり
ます。 前のブログでご紹介しましたが僕の場合はアルミをバフ掛けして磨き
だしてからアルマイト処理をしてエボナイトの質感をだしています。

昔のアメリカンクラシックリールでエボナイトサイドプレートの穴空きタイプと
いうのは見たことがありません。 樹脂サイドプレートに穴あきタイプは強度
と仕上げの問題があるからでしょう。 穴あきリールにするにはブラスやアルミ
等の金属性ということが絶対条件になります。 
画像は前回ブログ同様直径60mmライン#3以下用となります。

ハリCANE Vol.644

29, Sept. 2017
ニッケルシルバー的質感
ここのところリール製作をやってますのでまたまたリールの話題が続きますが・・・
nickelsilverreel60_convert_20170929134820.jpg

前のブログでネジやリールフットのバフ掛けのご紹介をしました。 その完成形
がこちらのリールとなります。 フレーム、ピラー、リールフット、ハンドル、バラ
ンサーはニッケルシルバー。 全て同様にバフ掛けをして光沢を出します。 
サイドプレートは昔のリールならエボナイトとなりますが、僕の場合はアルミプ
レートをバフ掛けしてから光沢のあるアルマイト処理をしてエボナイトの光沢を
再現しています。 スプールはアルミ無垢。 スプールも全てニッケルシルバー
製というのは以前に製作販売しました。 少々重目のリールとなりますがロッド
が長い場合には重いリールが良い場合もあります。 画像は直径60mmのス
モールサイズ。 ラインは#3以下用。 バンブーロッドにはなんと言ってもニッ
ケルシルバーが良く似合います。 使い込む程に風合いが増すのが特徴とな
ります。  オールハンドメイド。 興味ある方はお問い合わせください。
プロフィール

三浦 洋一

Author:三浦 洋一
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR