FC2ブログ

ハリCANE Vol.687

30. July. 2019
2ピースを4ピースパックロッドに改造
1fourpsrod_convert_20190730072535.jpg

2年間フライフィッシング休んでましたが今年から再開。 釣りの内容は以前
と全く違い山岳部の釣り専門いうことにしました。 沢山歩く釣りということで
マルチロッドが便利です。 そこで既に何本も作ってある3ピースで釣りして
きましたがロッドをリュックの横に取り付けると3ピースとは言えまだかなり長
く釣り場に着くまでの藪こぎ等では何度か木や蔦に引っ掛けたりしました。
そこで4ピースロッドを急遽作ることにしました。仕舞い込み寸法が約20cm
短くなりますのでこれだけでもだいぶ違います。 と言っても 新たに4ピース
ロッドを作る時間が無いために使わなくなっていた2ピースロッドを改造する
ことにしました。 2ピースをカットして4ピースに。 それにフェルールを2ヶ
取り付けるだけで済みます。 それによるアクションに大きな違いはありませ
んがフェルールが2ヶ増えたことにより多少重くなった感触は否めません。
コンパクトさと引き換えということになります。 金属フェルールロッドは個人的
に4ピース位までかなと思います。 5ピースロッドなら竹フェルールの方が
メリットでてくると思います。 因みに画像右のロッドケースには竹フェルール
5ピースを入れてます。 スペアロッドとして常に携帯しています。
スポンサーサイト



ハリCANE Vol.686

22. July, 2019
トレッキング&フィシング
バンブーロッド教室の生徒Aさん。 トレッキングや野生動物が好きということで私の
お気に入りの川をガイドしました。 車止めから自転車で30分走り、その後1時間半の歩き。 
鹿が現われました。 最初はこちらの様子を伺っています。 そっと距離を詰めますが逃げ
てしまいました。 熊も出る場所なので熊でなくて良かったです(笑)
1asan5_convert_20190722115857.jpg
岩が良い深みを作って一見最高のポイント。 Aさんはキャスティングが上手で離れた
距離からロングリーダーを確実にターンさせてプレゼンテーション。 川は上に行くに従い
良いポイントが連続します。 Aさん7本の良いイワナをランディング。 残念ながら私も
釣りに夢で彼の魚の写真を撮るのをすっかり忘れてしまいました。 
1asan4_convert_20190722115919.jpg

ハリCANE Vol.685

27. June. 2019
イワナ釣り
2mn1_convert_20190626082829.jpg
先日新潟にイワナ釣り。 素晴らしい川でぽつぽつでましたが
良型は眠っていたようでした(笑) 

ハリCANE Vol.684

05 June 2019
渓流釣り
DSCF0039_convert_20190605200836.jpg
北海道では遠くに鹿の姿を良く見かけますが関東の森で真近に鹿を見たのは
初めてでした。 そういえば今日は最初にヘビ、鹿そして最後にサルの群れ。
動物と縁のある日のようですがフライへの反応は・・・
DSCF0023_convert_20190605201656.jpg
もっと奥へ入るべきだった。 前回フライへの反応も良く面白かったポイントが
ことごとくダメ。 やっと型を見たのでそこからかなり上流まで歩くつもりでいた
のですが、熊避けで付けっ放しの携帯ラジオが今日の天気を流してました。
「今日の関東甲信越は午後から雷を伴った大雨に注意」とのこと。 そう言われ
ると空模様も怪しい。 ということで12時で切り上げてきました。 まあ釣果は
貧しいものとなりましたが、車止めから遠く山奥までハイキングしたと思えば
楽しい半日となりました。

ハリCANE Vol.683

24. Apr. 2019
久しぶりフライフィシング
1mriveriwana_convert_20190424193726.jpg

腰を悪くしてからフライフィシングを2年休んでましたがその間山登りで
腰は完全復活。 そんな訳でハイキング、トレッキングがすっかり趣味に
なってしまいました。 結果フライも歩く釣りというスタイルでやっていこうと
思います。 そんな第一歩。 車止めから1時間半トレイルを歩きフライ
フィシングも楽しんできました。 今後トレッキング&フライフィシングは
月1ペースでやっていこうと思います。 

ハリCANE Vol.681

03. Mar. 2019
Sさんのバンブーロッド制作教室風景

ティップセクションの仕上げ削り
1ssan2_convert_20190303191811.jpg
ティップの仕上げは繊細に行います。 良く研いだ切れる刃で軽く・・・

バインディング
1ssan3_convert_20190303191844.jpg
バインディング正回転はテープを剥がしながら・・・

接着完了!!
1ssan4_convert_20190303191914.jpg
接着が無事終わればほっと一息・・・






ハリCANE Vol.680

28. Feb, 2019
Sさんのバンブーロッド制作風景
1ssan1_convert_20190228231220.jpg

竹割り、ストレートニング、荒削り、火入れ。 この日は仕上げ削り。 
仕上げ削りは最初にバットセクション。ティップセクションは繊細な
削りとなりますのでバットの削りでよく慣れてから。

ハリCANE Vol.679

21. Feb. 2019
アンボイナウッドリールシート、ブルーイング
キャップ&リング

1anboina_convert_20190221141222.jpg

今リールシート製作にとりかかっています。 画像はウッド径18mm。 ブラス
のキャップ&リングは多数予定しております・・・

ハリCANE Vol.678

14. Feb, 2019
マークアロナーのシグニチャーラップ
marc_aroner_convert_20190214182409.jpg

マークアロナー バンブーロッド。 シグニチャーラップと呼ばれる段巻きは
オプションでこれだけで約30,000円アップとなります。
流石素晴らしい作品だと思います。

ハリCANE Vol.677

07. Feb. 2019
5ピース パックロッド 補修完了!!
5pspackrod1_convert_20190207220403.jpg

竹フェルール部分にエポキシでバーニッシュ。 真鍮製キャップ&リングは
ガンブラック仕上げして完成! 

後付け竹フェルール方式。 ちょっと製作に時間がかります。 この他一体型竹
フェルールという方法があります。 それだと加工も比較的簡単! 竹フェルール
は好き嫌いがあります。 しかし4ピース以上のマルチピースロッドになると金属
フェルールを使用したロッドは好むと好まざるとに関わらず重くなります。 その点、
竹フェルールであれば重量を気にする必要はありません。

 

ハリCANE Vol.676

05, Feb. 2019
トレッキング用5ピースパックロッド・・・ 雑談
packrod5pcs_convert_20190205125805.jpg

今、トレッキングしながら釣りをするというフライフィシングのスタイルに興味が
あります。トレッキングは往復4時間位、釣りは2時間。 釣り道具は最小限。 
ロッドはパックロッドで5ピースにこだわっています。 5ピースだと竹の節を使用
しないで製作できます。 節を入れるのであれば4ピースという選択枝も有るわけ
です。

今回はこのお蔵入りしていたロッドの竹フェルールを補修して使う予定です。

ハリCANE Vol.675

31. Jan. 2019
寒さも緩んできたような・・・  雑談
reelseatandreel_convert_20190131120151.jpg

肩腰の調子が悪く釣りをしばらく休んでましたが山登りのお陰でほぼ元に
戻った感じです。 昨日フライフィシングの夢を見ました。 川はやはり良いで。
すね。 フライフィシング暦47年。 人間生きていると考えかたも変わってきて
当然ですね。 僕の場合は”逆に疲れる釣り”がしたいですね。 良い意味で
どっと疲れる釣り。 歩きが往復3~4時間、釣りは釣れても釣れなくても2時間。 
ウェーダーを穿いての長時間の歩きだは疲れますね。 でも心地良い疲労感だ
と思います。

問題は靴。 ウェーディング用シューズは山道を距離歩くには不向き。 釣り場で
ウェーダーシューズに履き替えるにしてもシューズを持ち歩くことになる。 かさば
るのでそれは避けたい。 トレッキングシューズで川に入ってしまうのもありかも
しれない。 トレッキングシューズ自体は濡れた石などには滑ってします。 山用
の簡単取り外しできるアイゼンを使ってみたらどうだろう。 帰りは塗れたトレッキ
ングシューズで帰ることになるけど・・・

いずれにしてもパックロッドを作るところからスタート。 5ピースでやってみよう!

ハリCANE Vol.674

25. Jan. 2019
フライフィシング 雑談ー節について
splitbamboo_convert_20190125091051.jpg

前回のブログでも書きましたが今フェイスブックをやっています。 実際にフェイス
ブックに登録したのは日本で紹介されて認知されつつあった頃、フライフィシング
世界大会WFFJの石村女史に誘われたからでした。 彼女は当時ニューヨーク在住
でしたのでそういう社会の斬新なことには敏感な方のようで早くから取り入れていて
フライフィシング世界大会スペイン戦に参加するにあたり相互連絡用として登録した
次第です。 石村さんとは今でもFBでのお友達です。

そんな訳でフェイスブックに登録したのはもう十年以上前ということになりますが、
実際には利用してませんでしたので投稿するようになったのは2ヶ月位前から
となります。 もともと私は投稿好きな性格のようで結構楽しんでやってます。
自分のタイムラインへの投稿は少ないですがグループ投稿がメインになってます。
台湾グルメ、登山、ハイキング、二胡等色々なグループに投稿しています。

その中にアメリカのバンブーロッドフォーラムにもたまに投稿します。 
画像は竹をマルノコでカットしたものです。 当店でも販売していますが、ちょうど
注文がありましたので画像をアメリカのバンブーロッドのフォーラムへ投稿してみ
ましたところ直ぐにアリカから書き込みが来ました。 カットは竹の自然の繊維の流
れを無視する方法でそれだと竿が壊れやすいのではないかというものです。 それ
に対し私はこれはアメリカのレナードやペインなどで古くから行われている方法で
そうして作られたロッドは今でも存在しているし別に弱いとは思いませんよと英語で
返事をしました。 そのうち何人かが議論になってきたので私のつたない英語力で
は単語力も表現力も難しいので面倒なので投稿は削除しました(笑)

とまあ、驚いたのはアメリカでも竹の繊維の流れを気にする人がいることです。
別にアメリカの人をどうこう言う訳ではありません。 レナード、ペインを生んだ
バンブーロッド先進国であったアメリカでも黄金時代を築いたそれらのメーカー
の手法であるマシンカットロッドに物申す人がいたということに驚いた次第です。
ということで前置きが長くなりましたが今日ははちょっとそこらへんの話を少々。

あくまでも私の意見としてです。 繊維がカットされてしまうとロッドが弱くなるのか?
それに関しては無いと考えます。 レナードやペイン、はたまたハーディーにしても
マシーンカットのロッドは皆繊維は途中でカットされ斜めに流れています。 それでも
何十年経っても健在な竿も多く存在します。 逆に斜めにカットされている繊維の方が
ロッドに対して縦方向の力が加わった時に繊維が斜めに受けるので真っ直ぐの繊維
よりもヘタリずらいということだってありうるかもしれません。

節回りの繊維の話ですが、そもそも繊維は下から上まで繋がっていないと聞き
ました。 下から節までで繊維はそこでいったん終わって、そこから上に伸びる繊維
と複雑にからみ合っていて下から吸い上げた水分はリレーされて上に行くそうです。
本当かどうかは分かりませんがもしそうであればステーションのような感じですね。
節は上に行くほどに長くなって行きます。 トンキンの場合は最長で52~53cm位
が限界のようです。 もっと長いものもあるはずですが長い節を探しても55cmとか
いうのはまだ見たことがありません。 そして節の一番長いのは枝が生える直前。
枝が生える箇所からは節は逆に短くなっていきます。 また枝に繊維が取られる為
繊維の数は少なくなっていくそうです。 直径も細くなっていきます。 

レナード、ペインを生んだアメリカでも繊維は真っ直ぐにという意見があっても当然
ですし、ロッドを作る上でいかに理論的にアプローチするかに心血を注ぐことには
私もロッドメイキングファンの一人として良くその気持ちは分かります。 逆に理論
的な話を少々してみます。

繊維のストレードさの重要性を言うのであれば繊維の太さまで考えるべきです。
2ピースロッドを作るのであれば最初にワンピースロッドを製作しその後にカット
すれば繊維は上から下まで自然の状態で繋がります。 ティップ、バットそれぞれ
別々に作った場合はご存知の通り節をずらす際に上下で余分をカットしますので
繊維はその太さという意味では自然の状態ではなくなってしまいます。
ワンピースカットであれば2ピースでも3ピースでもカ繊維の欠損は最小限、カット
する鋸刃の厚み(1mm程度)のだけで済むことになります。 これは理論的には
効率的にパワーを伝達しより理想的なロッドになると考えられます。

先ほど述べたFBバンブーロッドフォーラムではそこまでつっこんだ話をしても
良いのですが、英語だと大変なので、投稿を削除してしまったという話でした。
実際は繊維が切れていようが斜めだろうが実際の釣りにおいては全然関係ない
と考えております。 それよりロッドアクションのほうが最重だと思います。

ハリCANE Vol.673

15. Jan. 2019
フライまだやり尽くされてはいないと思う!
ちょっと雑談・・・

troutandtackle_convert_20190115084756.jpg

最近はブログの投稿回数がめっきり少なくなってしましました。 自分としては
2ヶ月前からFACE BOOKに投稿するようになり。 毎日のように投稿してい
るということには変わりないのですが気が付いたらブログがおろそかになって
しまっていました。

フライフィシング界も色々ブームがありました。ロングリーダーであったりスペイ
ブームであったり。 しかしまだやられていない事があります。低弾道シュートの
釣り。 と言ってもピンと来る人はいないでしょう。 滞空時間の長いナローループ
を低弾道で水平に投げるというもの。 サイドキャストでライン低く投げるというもの
ではなくオーバーヘッドで行われます。 これは釣りにも絶大なる効果をもたらし
ます。 スレた魚が相手であればフォールスキャストを見せたくはありません。 
魚の視界にフライだけがプレゼンテーションされる訳です。 私はずっとそのキャ
スティングを習得したく十年以上練習をしてきましたがまだ手がかりさえつかめま
せん(笑) しかしそれを投げる人を二人知っています。 

一人は私の釣りのキャスティングの師匠。 十数年前の話になりますが、スティー
ブレイジェフが来日し、キャスティング講習を行ったことがあります。 それに参加
することになったと師匠に話したところ、スティーブレイジェフの講習はカーボンロッ
ドで行われるので、それ先駆けカーボンロッドの振り方を教授してくれることに
なりました。 当日師匠が持ってきたのはカーボンロッド9’0”#8のシューティング
ヘッドでした。 後ろに車が停まってしまったのでバックを高く上げてました。スティ
ープルキャストと呼ばれる方法。 オーバーヘッドです。 2回位繰り返してからシュ
ート。 ラインは水面より1m以下の低弾道。 ループは30~40cmくらいのナロー
ループでベリーは落ちずに水平に伸びて行きフライは完全にターンオーバーしました。
距離は軽く30mを越えています。 唖然とする私。 もう一度師匠が同じキャストを
して見せてくれましたが真横に居た私はスティープルバックからシュートまでの一連
の動作は師匠との距離が近すぎて良く見えてませんでした。 2度だけ見せてくれ
た師匠はリールにラインを巻き上げ早々にしまってしまいました。 あまり何回も
見せたくないような感じがしました(笑) オーバーヘッドキャストから前傾ではなく
水面近く水平にシュートするなど、どう考えても理屈に反しているではないですか。
その後に受けたレイジェフの講習は師匠の見せてくれたそのキャスティングのイン
パクトの強さのせいで印象の薄いものになってしまったほどです。

フライフィシングはまだやり尽くされて訳ではありません。 水平に伸びるシュート性
の高い低弾道ループ。 最高レベルの最も理想的なフライキャスティングテクニック。
誰かがこれを正確に解説すればばフライ熱はまた高まるかもしれません。 
それも自作バンブーで行えたら最高ではないですか。 師匠が彼の自作バンブー
ロッドで低弾道ナローループを投げたのを見たことがあります。 私はそれを教えて
欲しいと言ったことはありません。 実際にそんなキャスティングが存在するのを
この目で見ている訳ですから求めるものは分かってます。 あとは自分で練習する
だけです。 

ハリCANE Vol.672

25. Nov. 2018
バンブーロッド教室風景
バンブーロッド教室7回コースでご参加のAさん。
1asan2_convert_20181125185103.jpg
まずは竹割りから。 力の入れ方に微妙なコントロールが必要な工程。
1asan_convert_20181125184114.jpg
割った竹を真っ直ぐにする工程。 地味な作業ですがこれが大切!
1asan1_convert_20181125185235.jpg
荒削りの工程。 荒削りだからと言って手は抜けません。
1asan3_convert_20181125185350.jpg
三角形状になり始めています。 なるべく正三角形を目指します。

ハリCANE Vol.671

15. Nov. 2018
1twohandrods_convert_20181115150659.jpg

遅ればせながらFACEBOOKを始めたものでブログに手が回りませんでした。
実際にフェイスブックかなり前、日本ではまだ浸透してない頃にアメリカ在住の
石村美佐子さん(WFFJ会長)からお誘いがあり登録したのですがその後は
ずっとほったらかし状態でした。

ここに来て急に始めた訳ですが、友達リクエストが一日50件くらいきます。
最初は全て承認してましたがスタンプを多く送ってきますので、自分の投稿が
若い人の遊びみたいになってしまいます。 なので最近は承認を減らしてます。 
しかし同性愛者、ボランティア要求者、ペテン師、金融業者等々、結構色々な方
が居ますので対応が結構大変ですね!(笑)

ハリCANE Vol.670

19. Oct. 2018
ロングノード(節長)ケーンへのこだわり
qingb_convert_20181019101213.jpg

「竹は節ありて強し」という言葉があります。 東作の何代目のお師匠様が
おっしゃった言葉として竹竿師の間では知られた言葉です。

画像上はトンキンケーン。 節の長さは50cm。 トンキンの場合は長くても
一番長い部分で52~53cm位です。 60cmの節間のある物はかってお目
にかかったことはありません。 画像下はトンキンケーンとは別の種類のロング
ノードケーン。 下の物は節間60cm。 もっと長いものだと70cmくらい有る。 

ロッド制作だけでなく物の制作者は主張があって然るべきであると考えて
います。 竹竿制作であるなら、たとえば徹底的に節の多い(節間の短い)
ロッドを作ってみるとか人が何と言おうが自分が作りたい物を作ってみる。
それこぞが個性であり、良い悪いよりも作品に触れた時に面白いのだ。 
僕の場合は何回か主張してきたとおり節無しロッド。 トンキンケーンで
あれば5ピースにするとかが僕のテーマだ。 トンキン以外の竹に目を向
ければ7フィート、3ピースロッドなども制作できることになる。

ハリCANE Vol.669

09. Oct. 2018
トンキンケーン入荷しました!

tonkinarrive1_convert_20181010184723.jpg

無事にトンキンケーン入荷しました。 丸竹だけでなくスプリットまたは丸ノコカットまで
ご注文に応じることができます。 また5本単位であれば3.6Mのノーカット1本物でも
送ることが可能ですので、詳細はお問い合わせください。 現在では日本を含む世界で
販売されているトンキンケーンは中国のこの1社の物です。 当店ではこの工場に直接
赴き検品して購入しております。 10年間の交流を通じ今では竹工場社長宅に泊めて
頂く程の信頼関係を築きました。 今後も良いトンキンケーンの提供が可能ですので
是非ご利用下さい。

ハリCANE Vol.667

02. :Oct. 2018
チンバンブー同時入荷!
真竹とトンキンケーンの中間的な存在か・・・
qingbamboo1_convert_20181002152724.jpg

お待たせしておりますトンキンケーンですが来週入荷する予定です。
それに合わせまして本邦初販売となりますチンバンブーが入荷します。
故中村羽舟さんが絶賛した貴重な竹です。 重量と反発力はちょうど
真竹とトンキンの中間的な感じとなります。 以前赤城の管理釣り場で
羽舟さんのロッドを皆で振ることになり僕もお声が掛かり参加する機会
がありました。 その時の模様は以前のブログでも紹介したとおりです。 
トンキン、真竹、淡竹、女竹、布袋竹のロッドの中にチンバンブーロッド
もありました。 このロッドは同じ力で振っても何故か余計にラインが延
びるんですと羽舟さんが言うので振ってみたら確かに2mくらい余計延び
るような感じを受けました。 晩年も欲しがっていたチンバンブーですが
簡単にご提供できるものではなく次回になんとかしますと言うしかあり
ませんでした。 羽舟さんのご健在な時に間に合わせることはできません
でしたが今回現地竹屋さんに無理を言って探して頂きました。 
限定数となりますが年内に販売を予定しております。

ハリCANE Vol.666

13. Sept. 2018
トンキンケーン来月初旬入荷予定
tonkinpoles1_convert_20180913171208.jpg

ベールにパックされたトンキンケーン。 この工場からコンテナーに詰まれ
次にコンテナーの扉が開いた時には当店の倉庫に大移動。 しかしこれを全部
僕が1人で降ろすことになる訳だ。 腰ベルトを探しておこう!


ハリCANE Vol.665

25, Aug. 2018
トンキンケーンの村を再び訪ねた
竹産業の村は広東省南領山脈の中にあり
1huj1_convert_20180825085005.jpg
最初に中国からトンキンケーンを輸入してからかれこれ10年位たちます。
全く中国語が出来ない状態で通訳を雇い広州南領山脈の町を訪れ、数
多い竹屋を数多く訪ね歩いたのが昨日の事のように思えます。
今回竹の仕入れで再び訪れることになりました。 これで数回目の仕入れ
の旅ですが、ひとまず順を追って記事にしてみます。

広州駅は猛暑の中にあった1huj3_convert_20180825085759.jpg
広州を訪れるにはいくつかの方法があります。 飛行機、列車、バス等。
一番簡単なのは勿論飛行機でダイレクトに広州白雲飛行場に降り立つ。
いつもはこの方法ですが、今回は香港経由、陸路で広州に向かいます。 
ただこれが案外大変。 香港を出る際には出国手続き、中国に入るには入国
手続きがあります。 凄い数の人が流れる水のようにイミグレションを目指し
います。 なんとか諸手続き終え広州のホテルに入ったのは20時を回って
ました。 中華レストランがあるとのことでそのホテルに決めたのですが
中華レストランはありませんでした。 残念! ビールが飲みたかった。
翌日早朝広州駅へ向かう。 バスステーションはそこから歩いてさほど
遠くない。

1huj4_convert_20180825091647.jpg
しかし猛暑と多湿でちょっと歩いただけでどっと汗が吹き出る。 やっとの思い
で辿り付いたバスステーション。  しかし行き先と出発時間が表示される電光
掲示板に自分が前もって調べておいた目的地と出発時間のバスが表示され
ない。 目的地は同じでも17時発とか。 適当な窓口に並んで目的地を告げる
と9:00発があるという。 希望の出発時刻と異なるがそれで行くほうが良い。
しかし9:00発のバスも電光掲示板には出てないのだ。 全くj訳が分からない
がとにかく購入できたので一安心。

1huj5_convert_20180825094504.jpg
一旦バスに乗ってしまえば快適です。 そう言えばバスの料金に一等と2等が
あったので一等にしたのですがこれが大正解でした。 その差はなんだろうと
思っていたのですが一等席は横並びの席を一人で使えるのです。 二等だと
誰かが横に座ります。昔は4時間かかった悪路も高速道路のお陰で2時間少々
で到着してしまいます。 

1huj6_convert_20180825095648.jpg
バス終点懐集という町に到着。 竹屋の社長さんが出迎えてくれました。 竹工場は
そこから更に20km走った所にあります。 画像は竹工場のある街の風情。 朝は
活気と平和な空気で溢れています。 昼食後にいよいよ竹選びの作業にかかります。

1huj7_convert_20180825100812.jpg
社長の家の天井には昔懐かしい吊扇風機が回ってました。 家は4階建てで
大きくて快適な部屋を用意してくれました。 シャワーも完備されているので作業
でかいた汗を流すことができました。

1huj8_convert_20180825101222.jpg
全部で13品位ありました。 泊めて頂いた上で家庭料理を振舞われる。 これは
最高のおもてなしとなります。 豚足とか鯉とか牛の内臓とか美味しく頂ました。
ビールが旨かったことは言うまでもありません。

1huj19_convert_20180825104120.jpg
翌日は社長とバイクで一周。 途中でスイ川を渡ります。 勿論バイクも一緒に
同船。 このバイクはかってアンディーロイヤーも乗り回していたものだそうだ。

1huj10_convert_20180825104451.jpg
バイクで回ると色々な竹を身近に見ることができます。 この竹は一般的
に川辺に生えている物。 太竹と言います。 地元の呼び方で学名では
ないと思います。 直径は皆7~8cm以上あります。 この竹も以前ある
業者が日本に輸入した経緯があります。 トンキンケーンとして販売された
こともありトンキンは凄い太いものがあると勘違いされている方もいます。
太いですのでミドルラインクラスには良いかもしれません。 しかし今回は
この太竹を入荷する予定はありません。 トンキンケーンと一緒に入荷し
ようと考えているのが青竹。 地元の呼び方です。 真竹並みに軽くトンキン
ケーンに近い張りがあるというので故中村羽舟さんが惚れ込んだ竹です。

1huj11_convert_20180825105616.jpg
トンキンケーンを切り出すには2つの方法があり、一つは川に落としてイカダで
川べりの工場に持ち込み作業するスタイル。 そしてもう一つの方法は?

1huj2_convert_20180825110334.jpg
山から引きずり降ろす。 画像で分かるように地面がトンキンケーンにより削られ
窪んでいる。 現在販売されているトンキンケーンは全てこの道を経て世界に販売
されていると言う。 竹屋の社長が小さい頃からこの山道から降ろしているそうだ。

1huj20_convert_20180825111824.jpg
バイクトリップの締めくくりはバンブーフォレスト。 前画像のトンキンケーンの路を辿れ
ば太いトンキンケーンの生える一帯に出る。 前回は雨と雷。 今回は天気は爽快。
上まで行きたいのはやまやまだが早く香港に戻らなければならないので諦めて引き返した。 
次回に来る時には必ず奥の太いトンキンが生えるサンクチュアリー迄行くことにしよう。
(注)この回り一帯は全てトンキンケーン。 ただ太いのが生えるのはこの路を辿った
奥の僅かな一帯に過ぎない。

1huj12_convert_20180825114900.jpg
再び香港に戻る。 ネイサンロードを歩いていると竹の足場が組まれた時計店を発見。
前回ブログでのショップには「英皇鐘」とある。 何でしょう。 正解はローレックス。 

1huj14_convert_20180825115502.jpg
道端に足場用竹が置かれていました。 高竹と呼ばれます。 背が高いから高竹。
良く見てください。  ノードリーフがかなり大きい。 

1huj18_convert_20180825120102.jpg
最後の晩なので街をぶらつき夜風の良く通る屋台のような店で北京ビールを飲む。
思い起こせば短い5日間に実に色々な経験をすることができました。 トンキンケーンが
在庫となる日もそう遠くはありません。




















ハリCANE Vol.664

11, Aug. 2018
香港の足場の竹
1hkashiba_convert_20180811160126.jpg

まずトンキンケーン入荷の話ですが、10月には入荷出来そうです。 今回は
竹屋さん宅に泊めていただきますのでちょっと緊張です。 今回メールのやり
取りも中国語。 中国語勉強7年で成果が現われたかな。

中国には香港から入ることにしましたので香港を調べていたらこんな洒落た
画像を発見。 (無断使用して済みません) 話に聞いた香港の建築足場の竹。
一見良さそうな竹ですが、トンキン竹とは微妙に違いますね。

ハリCANE Vol.663

03, Aug. 2018
トンキンケーンと広州への旅
1tonkin_convert_20180803150243.jpg

トンキンケーンを買うには山の奥まで行かなければならない。 ホテルの手配なども
僕には楽しい仕事だ。 しかし今回は竹業者の家へ停めてもらうこととなった。 

とまあ気持ちが高ぶってくるのだが、航空運賃は8月は高い。 これからキャンセル待ち
で予約を入れることにする。 行ったからにはトレッキングできるような場所がありそうな
のでガーミンを持っていってみたいと思う。 日本では頼りになるガーミンだがもちろん
全世界で使える。 山だけでなく田舎の町でどのように使えるかも楽しみである。

ハリCANE Vol.662

28, July, 2018
トンキンケーンSOLD OUT
現在トンキンケーン在庫切れとなってしまいましたが・・・
1tonkinforest_convert_20180728133230.jpg

トンキンケーンは在庫を切らすことのないように勤めてまいりましたが今回は不手際にも
在庫切れとなってしまいました。 ご購入希望の方にはご迷惑をお掛けしまして申し訳
ございません。 この度輸入の為に中国へ行く予定です。 次回入荷は順調にいけば
9月~10月になると思います。 

画像は前回買い付けの際に訪れたトンキンケーンフォレスト。 バンブーロッドビィルダー
には神聖な場所と言って過言ではありません。 またここも訪れる予定ですのでレポート
します。


ハリCANE Vol.661

20, July. 2018
バンブーロッド教室Tさんの挑戦
この暑い中バンブーロッド教室に参加される方は少ないですが・・ts0_convert_20180720161523.jpg

同じ埼玉県からご参加くださいましたTさん。 荒削りに挑戦の風景。 三角形になっ
ていない竹をどう三角形状に仕上げていくかまず疑問になることと思いますが・・・
画像のような伸びた切り屑。 これはカンナの刃で削っているのではなく割いている
状態。 刃が鋭角だとこういう切り屑になっていきます。 

ts1_convert_20180720161951.jpg

一度研いだら竹3本くらい削ってまた研ぎ直しています。 真竹ならそのまま6本続け
て削るのも可能。  現在当教室で使用している竹はかなり良い乾燥状態で、繊維が
固くなってきています。 こんな時は刃の研ぎ角は通常より若干起こします。 竹の状
況を見て研ぎ角を調整するのがポイントだと思います。

ハリCANE Vol.660

04. July. 2018
渡良瀬遊水地の更に奥へ
グラビア橋から見たものは・・・の巻き
wataraseyuusuichi_convert_20180109161339.jpg

先日、元キックボクサーのマサトとA.B.C-Zの塚田君が大利根道の駅を始点にして
最終の那須道の駅までマラソンで行く番組やってましたよね。 僕のホームグランド
の渡良瀬遊水地も紹介してましたのでご覧になった方もいるかもしれません。

画像は以前も紹介しましたが渡良瀬I遊水地の最北部。 ここまで来ると訪れる人も
少なく思い川サイクリングロードを走る人や秋になるとコミミズクを写真に撮ろうと
訪れる人達がいる程度です。 思い川サイクリングロードを使わず栃木市に抜ける
田舎道を探してましたがついに見つけました。 マイナーで地元の人しか知らないよう
な道!

1uzuma1_convert_20180704082402.jpg

その道は非常に楽しいコースで背景に大平山、晃石山がくっきりと見えます。 自分
のトレッキングのホームグランドとしている山です。  こんな景色の良いサイクリング
ロードですが検索しても簡単は見つけられない場所で、誰ともすれ違うことなく栃木市
を目指したのです。 しかしこの日の暑さも強烈でついに頭がクラクラして来ました。
ヤバそうなので熱中症を危惧して途中で引き返すことにしました。 また次回にチャレ
ンジします。

1uzuma2_convert_20180704083331.jpg

途中渡良瀬川にかかる橋を渡ります。 そこは車では通り抜けできない橋で殆ど
誰も来ない橋です。 初めてこの橋を渡った際に橋の中央部でなにやら撮影して
いる人達がいました。 薄い透け透けのネグリジェ姿の女性が橋の欄干に持たれ
ていて男性は無心にカメラを向けています。 変なタイミングで僕がそこへ出くわした
のですが、カメラマンは僕の存在に気付いた様子もなく真剣に撮影を続行してまし
た。 前を通過するのも失礼と思い撮り終えるまではと自転車を停め見てました。 
おそらく雑誌のグラビア写真を撮っていたのでしょう。 今回も行きにここを通貨する
際に又男性二人と金髪の外人女性が撮影してました。 女性の格好からはやはり
グラビア撮影のようでした。 モナリザの微笑みではありませんが荒涼とした大地を
背景に幻想的な写真が撮れるのでしょう。

帰りにはそのグラビア橋には誰もいませんでしたのでちょっと川を覗いてみました。
沢山の大型魚の群れています。 そうです中国原産のレンギョ。 古河市地区では
レンギョが利根川の川面一面にジャンプしまくる映像をTVで見た方もいるでしょう。 
ここはそこから10km位上流の支流渡良瀬川となります。 体長は60~80cm位
でしょうか、産卵の為千葉県利根川下流部から登ってきています。 

ハリCANE Vol.659

26, June. 2018
GPSナビガーミンで遊ぶ!
地図好き人間にはたまらないアイテムなのだ!!
1garmin_convert_20180626180330.jpg

GPSはご存知の通り宇宙衛星からの電波を拾い自分が今地上のどの位置にいる
のかを殆ど誤差無く示してくれます。 スマホも同様なGPSアプリは有ります。 スマ
ホアプリでも山道を間違えた時に役立ってくれました。 大変便利なスマホですが、
山専用で使うには欠点もあります。 電源オンの状態を続けるとバッテリーの消費が
早くまたスマホ本体が熱を持ってしまいます。 そこで今回入手したのがガーミンと
いうGPS専用ナビ機器。 掌にちょうど収まるサイズ。 単三電池でON状態で一日
持つ。 且つ熱くならない。 近くのコンビ二やショッピングセンター、食堂なども表示
させることの出来る優れ物。 もちろんスマホも同様の機能を持っているのでそれでも
十分ではあるが、僕のように方向音痴な人間にはGPS機器を一日中ONにして使用
したい。 勿論現在位置表示だけでなく目的地設定してハンディーナビとしても使える。 
専用ホルダーで自転車やバイクに取り付けて利用する人も多いし、実際に僕も早速
葛西臨海公園から埼玉県加須市まで荒川サイクリングに使ってみるつもりだ。

またフライをする人ならGPSを渓流で使うことも可能だ。 特に初めて入渓する川でも
今どの辺に居て、どの辺から林道に出ようなどの使い方も出来ると思います。




ハリCANE Vol.658

19.June.2018
またまたトレッキングの話
またトレイルを歩いている自分がいる・・・
1gds1_convert_20180619111512.jpg
葛飾北斎 「行道山くものかけはし」

昨年から始めた山歩き。 近くの山をメインにに月に3~4回位のペースで歩いている。
山と言っても初級レベルなので低山でまずは練習中。 しばらくお休み中のフライフィシング
もそろそろ開始しようと思いながらも次に歩く山を物色しているのだからフライを開始するの
はまだ少し先になりそうだ。  これまで歩いた中で思い出に残るコースは2月の宝登山。
秩父線の野上駅で降りてから入山しロウバイを見てから下山し長瀞駅から帰宅するコース。
野上駅に降り立った時からローカル感溢れ、あまりに楽しいコースなので自分の年間ハイキ
ングコース入り決定!

それともう一つ挙げるなら足利の行道山~織姫神社を回るコース。 上の画像は登山口に
ある浄因寺の清心亭を葛飾北斎が描いた「行道山くものかけはし」  関東の高野山と言われ
多くの僧が修行したこの寺の山には3万3千もの石仏があるらしい。 有名なのは寝釈迦と
呼ばれる石仏。 つまりこの登山道はかっての修験道なのだ。

1gds2_convert_20180619114405.jpg

行道山の登山口より少し登ると浄因寺の山門がある。 この雰囲気溢れる山門を見ただけで
楽しくなってくるコースだ。 山門は2つあり、この山門の上の方に先に述べた清心亭があるの
だが実は清心亭の存在に気が付かずに過ぎてしまった。 途中で気が付いたが見に戻るのも
大変だ。 紅葉の季節にまた必ず来るのでその時にゆっくり見ることにする。 ここも気に入った
ので年間ハイキングのコースに決定だ! 浄水寺の登山口から織姫神社迄は3時間30分位
のコース。 途中キツイ登りが数箇所ある。 最後の織姫神社から200数十段の階段を降りれ
ば登山終了。 そこには足利市の町並みが待っていてくれるのだがそのギャップがまた楽しい。 

ハリCANE Vol.658

14. June. 2018
大平山アジサイ鑑賞&ハイク
アジサイの季節。 鑑賞がてらブラっとハイキング^^
1oohira_convert_20180614180707.jpg
栃木県大平山麓にある大中寺。 最初は真言宗だったお寺が荒れ果てて
上杉謙信の寄進で立て直されて以来曹洞宗に。 北条と上杉が和合した
場でもあり由緒有る寺だそうです。 とまあウンチクはさて置き。 紫陽花が
が綺麗な寺なので見に行ってきました。 
1oohira1_convert_20180614175555.jpg
七不思議でも知られる大中寺。 大平神社に出るのに僕の場合寺の横から
細い山道を辿れば30分程。 結構勾配がありますので覚悟が必要です。
1oohira2_convert_20180614175634.jpg
ここは大平神社。 紫陽花祭りが始まります。 まだちょっと早いですが多く
の観光客が訪れていました。 ここは桜も有名です。 名物は焼き鳥、団子、
卵焼きで神社の近くの食堂で食べることができます。 
1oohira3_convert_20180614175701.jpg
奥の院に続く行く道がそのまま大平ハイキングコースになってます。 栃木市
の人気コースNo.1。  大中寺を始点として一周すると3時間程。 僕は今年
これで3度目。 尾根のなだらかな山道が続いた後はまた登りが待ってます。
1oohira4_convert_20180614175725.jpg
展望も数箇所開け、関東管領を命ぜられた上杉謙信も眺めた景色でもある。
この後さらに山道を進み桜峠という休憩所で昼食をとり、清水寺(せいすいじ)
を経由して大中寺に戻ってきました。 


ハリCANE Vol.657

10. June. 2018
バンブーロッド制作教室
O氏のバンブーロッド教室参加の模様
osan3_convert_20170109185421.jpg
仕上げ削り風景
osan1_convert_20180610151413.jpg
接着風景
osan2_convert_20161231132618.jpg
接着、バインディング
osan_convert_20180610151231.jpg
大変綺麗にブランク完成。 Oさん5回コースご参加頂きましてありがとうございました。

プロフィール

三浦 洋一

Author:三浦 洋一
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR