FC2ブログ

ハリCANE Vol.666

13. Sept. 2018
トンキンケーン来月初旬入荷予定
tonkinpoles1_convert_20180913171208.jpg

ベールにパックされたトンキンケーン。 この工場からコンテナーに詰まれ
次にコンテナーの扉が開いた時には当店の倉庫に大移動。 しかしこれを全部
僕が1人で降ろすことになる訳だ。 腰ベルトを探しておこう!


スポンサーサイト

ハリCANE Vol.665

25, Aug. 2018
トンキンケーンの村を再び訪ねた
竹産業の村は広東省南領山脈の中にあり
1huj1_convert_20180825085005.jpg
最初に中国からトンキンケーンを輸入してからかれこれ10年位たちます。
全く中国語が出来ない状態で通訳を雇い広州南領山脈の町を訪れ、数
多い竹屋を数多く訪ね歩いたのが昨日の事のように思えます。
今回竹の仕入れで再び訪れることになりました。 これで数回目の仕入れ
の旅ですが、ひとまず順を追って記事にしてみます。

広州駅は猛暑の中にあった1huj3_convert_20180825085759.jpg
広州を訪れるにはいくつかの方法があります。 飛行機、列車、バス等。
一番簡単なのは勿論飛行機でダイレクトに広州白雲飛行場に降り立つ。
いつもはこの方法ですが、今回は香港経由、陸路で広州に向かいます。 
ただこれが案外大変。 香港を出る際には出国手続き、中国に入るには入国
手続きがあります。 凄い数の人が流れる水のようにイミグレションを目指し
います。 なんとか諸手続き終え広州のホテルに入ったのは20時を回って
ました。 中華レストランがあるとのことでそのホテルに決めたのですが
中華レストランはありませんでした。 残念! ビールが飲みたかった。
翌日早朝広州駅へ向かう。 バスステーションはそこから歩いてさほど
遠くない。

1huj4_convert_20180825091647.jpg
しかし猛暑と多湿でちょっと歩いただけでどっと汗が吹き出る。 やっとの思い
で辿り付いたバスステーション。  しかし行き先と出発時間が表示される電光
掲示板に自分が前もって調べておいた目的地と出発時間のバスが表示され
ない。 目的地は同じでも17時発とか。 適当な窓口に並んで目的地を告げる
と9:00発があるという。 希望の出発時刻と異なるがそれで行くほうが良い。
しかし9:00発のバスも電光掲示板には出てないのだ。 全くj訳が分からない
がとにかく購入できたので一安心。

1huj5_convert_20180825094504.jpg
一旦バスに乗ってしまえば快適です。 そう言えばバスの料金に一等と2等が
あったので一等にしたのですがこれが大正解でした。 その差はなんだろうと
思っていたのですが一等席は横並びの席を一人で使えるのです。 二等だと
誰かが横に座ります。昔は4時間かかった悪路も高速道路のお陰で2時間少々
で到着してしまいます。 

1huj6_convert_20180825095648.jpg
バス終点懐集という町に到着。 竹屋の社長さんが出迎えてくれました。 竹工場は
そこから更に20km走った所にあります。 画像は竹工場のある街の風情。 朝は
活気と平和な空気で溢れています。 昼食後にいよいよ竹選びの作業にかかります。

1huj7_convert_20180825100812.jpg
社長の家の天井には昔懐かしい吊扇風機が回ってました。 家は4階建てで
大きくて快適な部屋を用意してくれました。 シャワーも完備されているので作業
でかいた汗を流すことができました。

1huj8_convert_20180825101222.jpg
全部で13品位ありました。 泊めて頂いた上で家庭料理を振舞われる。 これは
最高のおもてなしとなります。 豚足とか鯉とか牛の内臓とか美味しく頂ました。
ビールが旨かったことは言うまでもありません。

1huj19_convert_20180825104120.jpg
翌日は社長とバイクで一周。 途中でスイ川を渡ります。 勿論バイクも一緒に
同船。 このバイクはかってアンディーロイヤーも乗り回していたものだそうだ。

1huj10_convert_20180825104451.jpg
バイクで回ると色々な竹を身近に見ることができます。 この竹は一般的
に川辺に生えている物。 太竹と言います。 地元の呼び方で学名では
ないと思います。 直径は皆7~8cm以上あります。 この竹も以前ある
業者が日本に輸入した経緯があります。 トンキンケーンとして販売された
こともありトンキンは凄い太いものがあると勘違いされている方もいます。
太いですのでミドルラインクラスには良いかもしれません。 しかし今回は
この太竹を入荷する予定はありません。 トンキンケーンと一緒に入荷し
ようと考えているのが青竹。 地元の呼び方です。 真竹並みに軽くトンキン
ケーンに近い張りがあるというので故中村羽舟さんが惚れ込んだ竹です。

1huj11_convert_20180825105616.jpg
トンキンケーンを切り出すには2つの方法があり、一つは川に落としてイカダで
川べりの工場に持ち込み作業するスタイル。 そしてもう一つの方法は?

1huj2_convert_20180825110334.jpg
山から引きずり降ろす。 画像で分かるように地面がトンキンケーンにより削られ
窪んでいる。 現在販売されているトンキンケーンは全てこの道を経て世界に販売
されていると言う。 竹屋の社長が小さい頃からこの山道から降ろしているそうだ。

1huj20_convert_20180825111824.jpg
バイクトリップの締めくくりはバンブーフォレスト。 前画像のトンキンケーンの路を辿れ
ば太いトンキンケーンの生える一帯に出る。 前回は雨と雷。 今回は天気は爽快。
上まで行きたいのはやまやまだが早く香港に戻らなければならないので諦めて引き返した。 
次回に来る時には必ず奥の太いトンキンが生えるサンクチュアリー迄行くことにしよう。
(注)この回り一帯は全てトンキンケーン。 ただ太いのが生えるのはこの路を辿った
奥の僅かな一帯に過ぎない。

1huj12_convert_20180825114900.jpg
再び香港に戻る。 ネイサンロードを歩いていると竹の足場が組まれた時計店を発見。
前回ブログでのショップには「英皇鐘」とある。 何でしょう。 正解はローレックス。 

1huj14_convert_20180825115502.jpg
道端に足場用竹が置かれていました。 高竹と呼ばれます。 背が高いから高竹。
良く見てください。  ノードリーフがかなり大きい。 

1huj18_convert_20180825120102.jpg
最後の晩なので街をぶらつき夜風の良く通る屋台のような店で北京ビールを飲む。
思い起こせば短い5日間に実に色々な経験をすることができました。 トンキンケーンが
在庫となる日もそう遠くはありません。




















ハリCANE Vol.664

11, Aug. 2018
香港の足場の竹
1hkashiba_convert_20180811160126.jpg

まずトンキンケーン入荷の話ですが、10月には入荷出来そうです。 今回は
竹屋さん宅に泊めていただきますのでちょっと緊張です。 今回メールのやり
取りも中国語。 中国語勉強7年で成果が現われたかな。

中国には香港から入ることにしましたので香港を調べていたらこんな洒落た
画像を発見。 (無断使用して済みません) 話に聞いた香港の建築足場の竹。
一見良さそうな竹ですが、トンキン竹とは微妙に違いますね。

ハリCANE Vol.663

03, Aug. 2018
トンキンケーンと広州への旅
1tonkin_convert_20180803150243.jpg

トンキンケーンを買うには山の奥まで行かなければならない。 ホテルの手配なども
僕には楽しい仕事だ。 しかし今回は竹業者の家へ停めてもらうこととなった。 

とまあ気持ちが高ぶってくるのだが、航空運賃は8月は高い。 これからキャンセル待ち
で予約を入れることにする。 行ったからにはトレッキングできるような場所がありそうな
のでガーミンを持っていってみたいと思う。 日本では頼りになるガーミンだがもちろん
全世界で使える。 山だけでなく田舎の町でどのように使えるかも楽しみである。

ハリCANE Vol.662

28, July, 2018
トンキンケーンSOLD OUT
現在トンキンケーン在庫切れとなってしまいましたが・・・
1tonkinforest_convert_20180728133230.jpg

トンキンケーンは在庫を切らすことのないように勤めてまいりましたが今回は不手際にも
在庫切れとなってしまいました。 ご購入希望の方にはご迷惑をお掛けしまして申し訳
ございません。 この度輸入の為に中国へ行く予定です。 次回入荷は順調にいけば
9月~10月になると思います。 

画像は前回買い付けの際に訪れたトンキンケーンフォレスト。 バンブーロッドビィルダー
には神聖な場所と言って過言ではありません。 またここも訪れる予定ですのでレポート
します。


プロフィール

三浦 洋一

Author:三浦 洋一
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR