ハリCANE vol.367

28, May, 2012
桂林の鵜飼
桂林について調べてたところ、鵜飼が盛んであることを知りました。 それにしても中国に
鵜飼があったとは。 ということは日本伝統の鵜飼も大陸伝来の技術なのか?
keirinnukai.jpg

あまりに幻想的で美しい風景です。 その後鵜飼の詳細を調べるも見当たりませんでした。 
興味あるのは何の魚を捕っているかです。 鮎いるんでしょうかね。 ウグイの類はいる
ことは間違いないでしょうけど。 まあ、現地へ行ってのお楽しみがまた一つ増えました。
スポンサーサイト

ハリCANE vol.366

26, May, 2012
人は皆旅に憧れる
誰だって異国の地を旅してみたいと思うだろう。 外国が嫌いならゆっくり心ゆくまで国内旅行
をしてみたいはずだ。 定年になれば、念願の自由時間が好きなだけ手に入る。 心の命ずるまま
旅にでれば良いのだが、いざ時間が自由になってみると案内望んでいた事は実行できないものだ。
pueradelsol.jpg
画像はスペイン、マドリッドのプエルタデルソル。 昨日のブログでスリに合いそうになった
マヨール広場と書いてしまったが、プエルタデルソルだったかもしれない。 両所は近いので
混同してしまっている。 2人組のスリのセニョリータに狙われたが、そう書くとかなり物騒
に思えるだろう。 実際には、そのオネエチャン達も、悪事を働くというより、旅行者を相手に
ちょっと悪ふざけのノリでやっているんだろう。 しかしそんな軽いノリでスリをやられても
たまったものではない。

とにかく泥棒、スリ等悪事は多い。プエルタデルソルのマクドナルドに入った時の話をしよう。
テーブルの上には出来立てのハンバーガーとコーラが乗せられ、いざ腹ごしらえにかかろうと
思った時である。 いつの間にか子供4~5人が僕の前に立った。 歳は7~12歳位だろう。
乞食のような身なりの一人の女の子が勝手に僕のコーラを取り上げ飲み始めた。 「あっ!」
と声をだすもその後の言葉が続かない。人間ってそんな時、一瞬固まるのだ。 「アレ、何? 
どうした?」頭の中がパニくっている。 数秒後「オイ、オレのコーラだぞ!」と取り返しに
かかったが、その子はフテブテシク飲み続ける。 返してもらったところでもう飲む気にもなら
ないが、そんなことされて当然黙っても居られない。
「何にするんだ!」とその子を叱りつけていると、足もとで私のバッグが他の子達の餌食になって
るではないか。 2~3人がかりで僕のバッグにたかって中に手を突っ込んで物色している。 
「オイオイ何やってる!」今度はバッグを取り返しにかかり、まるで綱引き状態。 真昼間のマク
ドナルドで、である。 やがて騒ぎを知った店員が駆けつけ、「お前達ヤメロ!」とまくし立て
ながらお盆で子供達の頭をぶん殴り始めた。 しょ中あるような事態を「またか」という感じで、
蝿でも追いたてるがごとく、手慣れた仕草のように思えた。 そうこうしてやっと子供は店外に
追い払われが、店員は店の不備を謝りもせず、何もなかったように仕事に戻っていったのだった。 

結局、バッグの中から、小物が一つ盗まれていた。 大した被害ではないが、これには驚いた。
まあ、そんな経験も今となれば、面白い記憶となっている。

旅には、勿論危険もあるが、気をつければ大抵回避できる。 知らずに自ら危険に入っていく
場合も多いだろう。 それは大抵、認識の甘さから来るものだ。 例えば女性の一人旅で、観
光地といえども路地に立ち入ったりすれば、それこそ飛んで火に入る夏の虫だ。 しかし結構
あるんだこれが。 だからと言って旅は危ないと決めつけていたのでは、楽しさを自ら逃すこと
になる。危険を回避すれば、泥棒天国のスペイン(今はどうか知らない)でも、またアジア諸国
でも楽しい旅の思い出を作りだしてくれる。 恐れずにGOだ。 行ける時に行っとかないと、
そのうち面倒になってしまうだろう。 もし、十分に時間があれば、自分で旅のプランを立てて
みてはどうだろう。安全簡単なパックツアーも良いけれど、気力と冒険心が残っていたら、ジー
ンズ姿にバックパックで行きたいところだ(笑)

ハリCANE vol.365

25, May, 2012
旅の準備
旅のプランニングの楽しいけれど、準備もまた楽しい。 新調したり足りない物を補充する。
northface_convert_20120525061008.jpg
今回は中国初めての同行者の為に、気楽で安心なパック旅行を選択しましたので、基本的には
スーツケース5~7日用の中型70Lを使用。 これがバックパッキングやトレッキングで
あれば、もちろんトレッキング用などのバッグを背負って行く。 中国の田舎町をスーツケース
持ってうろうろしたくないからね。 

昨日、近くのショッピングモールでNORTHFACEの26Lのデイバッグとブーニーの迷彩
柄ハットを購入。 中国の亜熱帯地域は今は雨季。 雨から、一眼レフカメラを守るために防水
のカメラバッグが欲しいところだ。 アジア旅行の場合盗難も考慮しなければならない。
現地での行動はショルダーバッグの肩掛は狙われやすい、必ずたすき掛けする。 最近流行りの
たすき掛けバッグや、荷物が小さければ勿論ウェストバッグが便利。 僕の場合は釣り兼用という
ことでデイバッグ。 背負うタイプのバッグはひったくられる心配はないけど、だからと言って、
全く安全という訳でもない。 スペインで良くある手法としては、後ろからナイフで気ずかれない
うちにカットされ、落ちる物を盗むという場合もあるから、その点は注意が必要だ。 しかも犯人
は男(オンブレ)とは限らない。 僕の場合はマドリードのマヨール広場で2人のセニョリータが
背後に忍び寄り工作を開始した。 しかし、素早く気配を感じて被害を回避できた。だから治安
の悪い場所は、バッグを後ろでなく、抱えるようにして前にしょって歩く旅行者もいるくらいだ。 
因みに手持用のバッグが一番狙われる。 ある日本人から聞いた話では、バッグを小脇に抱えて
歩いると、とっさに奪われ、気が付いたら自分のバッグを持った男はあっと言う間には数十mも走
り去っていたと言う。 突然そんな事態になっても、自分の置かれた状況を理解するのに人間は
数秒要するようだ。 

まあ、変な話になってしまったけど、だからこそ、旅は楽しいと言える。 
 


ハリCANE vol.364

24, May, 2012
旅は桂林に決定!
北海道釣行を今月末に予定していましたが、取りやめ。 行けたら9月に行きます。
そして急遽浮上した中国旅行。 色々検討しましたが、雲南省の桃源郷、シャングリアを
バックパッキングするには、最低10日間はほしいところだよね。 今回は、同行者の休暇の
都合もあるので、プラン変更。 結局5日間の桂林パックツアーに決定。 申し込みも素早く
済ませたので、これで決定! 連休も定休日の月曜も休まずに働いてきたので、こういう時に
少しばかり休暇とります(笑) 期間は6月27日~7月1日)ちょっと楽しみです(^^)
keirinn.jpg

広西省チワン族自治区にある中国を代表する景勝地。 川岸には竹が密集している点
では、トンキンケーンの広州のスイ川と同じだ。 ただ、川岸に生えている竹はトンキン
ケーンでは無い。 完全に別種です。 川に生える竹は、水が豊富な栄養を供給するので
育ちが良く、幹も太いのが普通。 トンキンケーンの広州スイ川でも、両岸に密生する竹は
どれも直径7cm~10cmはある見事な幹のものだ。 今、中国から竹の図鑑を取り寄せて
ますので、それらの川岸の竹の種類もいずれ特定できるでしょう。 

ハリCANE vol.363

22, May, 2012

フェルール リペア

シャープスなどのフェルールリペア。 依頼されればこういった物を作ることもある。
画像は、本物になるべく似せて作った。 ただ、英国の当時の素材を使用するのは難しい。
ferrulerepair_convert_20120522154947.jpg

だいたいメスフェルールの再現の依頼になる。 オスが抜けかけている状態でロッド振ると、
メスが膨らむか、破裂するか、折れます。 そんな訳でオスが壊れることはめったに無い
ので修理依頼となれば、それは殆どメス。 しかし、内径を擦り合わせてオスにあわせるのは、
さすがに神経を使う仕事だ・・

ハリCANE vol.352

21, May, 2012
金冠日食

nisshoku_convert_20120521082624.jpg

変わった方法で撮ってみました。

ハリCANE vol.351

20, May, 2012
雲南省への旅  計画中
釣りも好きですが、歩くの大好きです。 本格的なトレッキングというよりアジアの少数民族
などを訪れるような山歩きがしたいですね。 この大理からさらに奥へ行けば麗江だ。
麗江には”桃源郷”と呼ばれるシャングリアがあるんだ。 いつか必ず行ってみたい場所だ。
なんて美しい。 塔の下のグレー色は民家の瓦屋根(画像は旅行会社のをちょいと拝借)
dairi.jpg
今月の今頃、道南に釣りに行く予定でしたが中止。 しかし、変わって中国行きが急遽浮上。
現在、旅のプランを計画中。 20年来のお客様、Kさんと旅立つ予定。 コースはお任せな
ので僕の行きたい雲南省で計画を立ててるのですが、これが案外難しい。 

上海や広州など、都会に行くのであれば、交通の便も多くまた格安航空券も入手できる。 
しかし、田舎に行けば行く程に便が悪くなります。 直行便も少なく、あっても高額。
画像は大理という町ですが、ここに行くには乗り継ぎが2~3回あり、最低10日は欲しい
旅程となってしまいます。 しかし、中国人にも人気の高いだけあって、大理は、夢のよう
に美しい山間の町。 ベー族の村を訪れるトレッキングコースだってきっとあるはずだ。
しかし、1週間あるか無しの旅程では、ちょっと難しいかもしれない。 手前の町、昆明なら
行けると思いますが、これも広州か北京からの乗り換えが必要。 それに昆明は雲南省の州都
なので、都会化している。 それでも周辺に石林とか風光明媚な観光地でもあるので、場合に
よっては昆明停まりにするか・・・
まあそんなこんなで旅程を組むのが旅の楽しさ。 上手くいけば、雲南省の竹もご紹介で
きるでしょう。 予定はやる事をかたずけた6月中~下旬。 7月に入ると運賃は急に高くなり
ますので、6月が気候も良くチャンスです。 気分は、中年バックパッカーってところです。

ハリCANE vol.350

18, May, 2012
この秋スタート。オキラクバンブーロッド教室
いよいよ自分だけのバンブーロッドを作ってみませんか。
秋頃、とまあ先の話で恐縮ですが、作業スペースをなんとか確保できそうですので、
長期間お休みしてましたバンブーロッド制作教室を開催する予定です。


バンブーロッド個人レッスンではなく、複数の生徒さんを募集して行います。 
planing_convert_20120519041015.jpg

<教室内容 バンブーロッドブランク1本完成迄(回数4~6回位)>

開催予定日: 10月頃予定 日曜日のみ開催
教室開催日: 生徒様のご都合の良い日曜日を選択ください。
教室時間 : AM10:00~PM7:00 (お昼1時間休憩)

●参加日は、ブランク完成まで、連続で行っても、飛び飛びでも都合に合わせて選択。
●時間も上記時間内であれば、都合の良い時間を選んでください。何時間でもOK。
●ツール類は全て揃ってますので、手ぶらでご参加ください。
●費用は初回(ブランク1本完成後)2回目、3回目と割安になるシステムです。
●場所は埼玉県加須市で行います。

大体以上の内容です。 お気楽に、あまり張り切り過ぎないでのんびりやります。
勿論大切、肝心な要所要所はしっかり丁寧にお教えします。 あとは、ゆっくりのんびり、
各自のペースで! 分からない作業はその都度お教えします。 休み休みやって頂いて
も、バンブーロッドはちゃんと完成してしまいますよ(^^) 勿論、気合を入れて頑張
って頂いても結構です。 気合で頑張れば最短で3日くらいで終わらすことも可能!
お気楽にのんびりやっても6日位でオリジナルブランク完成です。

参加者は釣りの種類、経験等関係無く募集します。 フライフィシング初心者の方がいき
なり自分のロッドを作るというのも全然OKです。 また、フライだけでなく、ルアーロッド、
バス用トップを作りたい方もどうぞご参加ください。 募集人員には限りがありますので、
興味ある方はお問い合わせください。 老若男女を問わずご参加をお待ちしております。

オキラクフライリール制作教室も検討中!
旋盤を保有している方が対象です。 旋盤の習熟度は問いません。 自分だけのバーミン
ガムリールを作るのは決して夢ではありません。 

ハリCANE vol.349

17, May, 2012
福島浜通りの川
前回ブログで福島原発付近でのフライフィシングをご紹介しました。
案内役を務めて頂いたWさんのブログにもその時の模様が書かれていますので
ご覧になってください。 画像は私が最初のヤマメの写真を撮っているところ。
m_leon3[1]

Wさんのブログ
見えない毛ばり
フライフィッシングを始めていつのまにか30数年、だんだんフライのアイに
ティペットが通らなくなってきた老眼親父のブログです。

http://ffcomm.naturum.ne.jp/

(なぜかFC2のブログURL貼っただけだとリンクされません。 URLを
クリック&ドラッグで反転させるとサーチできます)

因みに私は殆どストーキングはしないですよ。 だいたい突っ立ったまんまで釣りを
しますが、あの時はWさんの手前、カッコつけただけです(笑)
それとWさんのブログ、タイイングも解説してます。 シンプルにして実践的。
参考になると思いますので是非見てみてください。 

ハリCANE vol.348

11, May, 2012
福島原発近くの川を釣る
原発立ち入り禁止ゾーンになるべく近い川を釣る。 別に特別な意図はありません。 
ただ、そういう状況で川がどうなっているのか見てみたかったし、魚は元気なのか? 
フライにどう反応してくれるのか、確かめたかった。 その程度の軽い動機で行って
みたいと思っていました。 幸いバンブーロッドスクールの生徒さんで福島県在住の
アングラーWさんに案内をお願いしたところ、快く引き受けて頂き実現しました。
fuku2_convert_20120511180259.jpg
漁協の無い川なので密漁ではありません。 ご覧の通り、素晴らしい渓相が続きます。
多少増水しているとのこと。 天気も悪く、極短い間だけ薄陽が射しました。
fuku5_convert_20120511192041.jpg
Wさん、しかしかなりの達人だ。 バンブーロッドから打ち出す鋭いループを見れば、どれ
だけやってきたかくらい分かる。 そしてハンドツウィストでラインを巧みに手繰る。
ハンドツウィスト出来る人案外少ないんですよね。 フライフィシング「命」を自称するなら使
えるようにしたいマストテクニックですね。 釣りそのものがよりメカニカルになりますからね。
fuku3_convert_20120511180345.jpg
Wさんにこの日一番の良型が上がった。 RODはバンブーロッドスクールで制作した
彼の処女作。 今では釣りに欠かせない大のお気に入りになっているとのこと。
fuku4_convert_20120511180416.jpg
私も数匹の美しいヤマメをフッキングさせることが出来ました。 ロッドは毎朝キャストレ
に使用している5角ロッドを使ってみた。 リールはレオン初期モデル。サイドプレート着脱式
6ネジ仕様。 ニッケルプレイテッドの削り出し本体にダークブラウンサイドプレート。
fuku6_convert_20120512063654.jpg
生憎、天気も悪く、水温も低い為、活性が低かったが、各ポイントにヤマメは入っているようだ。 
つまり抜かれていないのだ。 こういう状況で元気なヤマメが出迎えてくれたことに、まず
素直に感謝しよう。 ローリングしながらフライを外していったヤマメはなかなか良型でしたが、
自由になった後もしばらくローリングを続けている姿に思わず笑ってしまった。
fuku1_convert_20120511180157.jpg
今年初めての釣りでしたので、渓相を十分に楽しむことができました。 こんな良い川が原発
立ち入り禁止エリア近くに確かにあったのですね。 しかし良いのか悪いのか、他の釣り人の
足跡やマナー悪く捨てられたゴミすらなかった。 川は取り残されたようにひっそり沈黙してし
てしまっている。 Wさん持参のガイガーカウンターが多少早いピッチで警告音を発していて、
心が痛い。 「誰だ自然を汚した者は?」 静かな怒りが込み上げてくる。 

流石に立ち入り禁止区域近くは放射線量は、他の福島県の地域より高いのは確かだ。 問題が
問題であるだけに、軽はずみな発言は控えるべきでしょうが、あくまでも個人的意見としては、
原発付近の川はさておき、普通にどんどん福島県に釣りに行くべきだと思います。 東京から
日帰り園内。 今ならきっと何処行っても良い釣りが出来ると思いますよ!

ハリCANE vol.347

10, May, 2012
明日は久しぶりの釣り!
ほんとに久しぶりです。 管理も行ってなかったし、解禁になっても
何処へも行ってません。 久しぶりだと何を持っていくかも迷います。
fukusimafishing_convert_20120510153238.jpg

良し、これで行こう。 北海道ばかり行ってましたので、3ピースの#4~6が多く、
#3ロッドはあまり作ってません。 #4も乗るので、この3ピーと、あとは毎日練習に
使っている5角ロッド#3。 その2本で間に合うでしょう。 リールは私のハンドメイド
リール。 本体は削り出しで、ニッケルメッキで最も愛着があります。 ネジ6本のこの
ルックス、LOOPのリールで私のをそっくり大きくしたようなのがありますが、私のは
20年前ですので私が真似をしたのではないことは明白。 向うが私のデザインを参考に
したのでしょう(笑)

場所は福島県某川。 ガイドを務めて頂くWさんにお世話になります。 ご報告は後ほど。

ハリCANE vol.346

06, May, 2012
朝のキャストレから
朝、天気が良ければだいたい竿を振ります。 ほんの30分程度ですが。
何故キャスティングの練習するか? それは、まだ自分で納得できない部分が多々あるから
です。 もし、納得できたら練習もそうそうしなくなるでしょう。 しかし、そう簡単なはずが
ありません。 スラックのないナローループを水面上50cmくらいの高さで水平に、しかも滞空
時間が長く伸びてゆく。 そんなキャスティングを求めたら、それこそ毎日ばかみたいに練習
しないと体得できるものでもありません。

leonreel80_convert_20120506100955.jpg

画像は私の練習タックル。 #3で練習しています。 初心者が練習するのであれば#6~#8
位が良いのでしょうが。 距離を投げる練習は昔さんざんやりましたので、先ほど述べたような
実践での理想的ラインをキャストする練習には普段のタックルを使うのがベストです。

先日、桐生の中村羽舟さんを訪れた折、運良く島崎憲司朗さんがおりまして、「ラッキー!」
島崎さんはタイイングでは有名ですが、バンブーロッドを振らせたら、それは実践的な美しい
ループを作る達人であることは以前にブログで紹介したとおりです。 さっそくストロークの
秘儀を教わり(秘密にしないで隠さずに教えてくれるところが流石です)練習したところ、
いいんですよ、コレが。 そのうち、地べたを這うようなタイトループをブログでご紹介できる
日が来るかもしれません。

ハリCANE vol.345

05, May, 2012
藤花盛り
近くの公園では藤の花が見頃を迎えています。 仕事前にちょっと出かけてみた。
fuji_convert_20120505080527.jpg

写真撮るのは結構ムズカシイですね。 ただ、おまかせのオート機能で撮っただけだと、実際見た目
と違って写ってしまいます。 朝の柔らかい光を受けた花の感じを出すには、絞りをもうすこし開いて
撮らないとダメみたいですね。 仕事の合間にまた行って撮ってくることにしよう。 

朝早くから結構カメラ愛好家の人が思い思いにカメラを構えて、皆、ゆっくりと時を楽しんでいるよう
に見えます。 フライフィシングもこれからはゆっくり楽しむことにしよう。 

ハリCANE vol.344

04, May, 2012
OUTSIDE RAIN BEGINS
今はゴールデンウィークの真っ最中。 しかしあいにくの空模様。
私は休まず一人黙々と竿作り。 休みがとれない程忙しいっていうわけではないですよ。
何と言って5月は平日に釣りに行きたいですので、ゴールデンウィークに仕事して、
平日にお休みを頂く・・・ ズル!(笑)
来週はまず福島県です。 ヤマメ君達元気してるかな? 後半は北海道のイワナ釣り。
depth_convert_20120504112502.jpg

近くの玉敷神社は藤祭りが有名で遠くからも見に来ます。 ただ寒かったのでまだ満開ではない
ですね。 天気もこんな具合ですので、ゴールデンウィーク終わりの頃が見頃でしょうか。
夕方、竿削りに疲れたら、藤祭りの屋台で「大判焼」でも買って頂くとするかな。
プロフィール

三浦 洋一

Author:三浦 洋一
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR