ハリCANE vol.393

01, August,2012
暑中お見舞い申し上げます
暑さもこれから峠を向かえますが、熱中症にお気をつけください。
DSC00469_convert_20120731130701.jpg
ブログでもめったに顔出ししませんので、ひさびさの正面写真でのご挨拶(照れくさい
ですが)。 ついでに自己紹介しますと、いつもバックパッカー気分の抜けないフライフィ
シャーマン。 釣りも好きですが、各地を気楽に旅し、トレッキングなどするのが大好き
です。  若い頃は欧米専門で合計約3年程。 今はアジア諸国がメイン。 今は年に一度
しか出掛けられませんが・・

旅をより充実させるためには、テーマがあったほうが良く、僕の最近のテーマは、珍しい竹
探しと、今回からは写真撮影が加わりました。 気楽なスナップ写真はもちろん撮りますが
ちゃんと気合いれた写真を撮りたくなったのです。 因みに、バックパッカーの中には雲南省
(この桂林の隣の省)から、ミャンマーやタイに抜けるコースを行く人もいます。珍しい樹木、
美しい野草、色鮮やかな蝶や珍しい昆虫、少数民族の村々。 考えただけでも旅をしたく
なります。
 
スポンサーサイト

ハリCANE vol.392

31, July, 2012
A WILD FLOWER

ワンコの散歩路。 知らない花登場!
wildflower1_convert_20120731084355.jpg

ここは埼玉県加須市。 2年前は騎西町だった。 騎西町は昔から大藤棚が有名で、
5月の連休には出店も並び、人出も多い。 他に何も名所も無い町だったので、藤に続き、
アジサイにも力を入れてきた。 長いアジサイ通りが幾つかあり、カラフルなアバンダンス
や清純な白いアナベルなど植えていて、最盛期には鑑賞しながらそぞろ歩く人も多い。 
今はもう終わりでアナベルが僅かに残っているだけなのです。 そのアナベルに混じって咲い
ていたのが画像の花。 一応野草で検索して調べるも、その名前は確認できませんでした。 
もしかしたら蔓の類なのかもしれない。

ハリCANE vol.391

30, July, 2012
タチイヌノフグリ

お馴染みのオオイヌノフグリは、1~2月(場合によっては前年から)咲き始め
5~6月頃には何時の間にか姿を消してしまう。 春を告げる小さな青い花が
けなげで見ると心和む。 最近良く見るのが、タチイヌノフグリ。 地べたに生えるの
ではなく、茎も10~20cmの背丈がある。
tachiinunofuguri_convert_20120730075302.jpg
昨日は花が好きな女性アングラーのTさんも遊びに来られたので、話は花にも至った。
と言っても僕は花に関しては詳しくないのですが、興味を持つと結構楽しい。

ワンコの散歩路で見つけたタチイヌノフグリ。

ハリCANE vol.390

27, July, 2012
久々の試作ロッド
簡単にキャスト出来るロッドアクションというものが存在するのは以前より知っている。
しかし、敢えて試したことはなかった。 どんなアクションであれ、キャスティング
技術でカバーするのが本道であると思っていたからです。 
sisaku_convert_20120727170128.jpg

想定して作ると、だいたい初回で思った通りのアクションになる。 だいたいと言ても完成度
は80~90%前後だろうか。 残りは、数回の試行錯誤を伴う。 アクションは100人の
釣り人がいたら、 100人100様とは言え、求められるアクションはかなり集約されてくる
はずだ。 

集約的に誰が振っても振りやすいロッドとは、バットが良く曲がるロッドだと思っています。 
と言っても実際にはキャスティング飛距離によって要求も違う。 ロングキャストであれば、
バットが曲がってほしい反面、近距離専門にキャストするなら、それよりティップの抜けの良い
アクションが良いという意見も多いはず。 状況に応じて求められるアクションは変化する。

ロングキャストでバットを曲げて振ることを覚えたら所謂「ロッドが投げてくれる」ので楽だ。
画像は、その試作第一号。 ただ、バットも含め全体がベナベナ曲がるアクションとは違う。
全体ベナベナロッドも僕は好きですが、そういうアクションはキャスティングも案内難しい!
さらに言うなら、全体ベナベナロッドは、バットが弱いとは言わない。 テーパーが弱いだけ
の話だ。 バットを曲げて投げやすいロッドとは、バットが部分的に曲がる竿だ(ある意味バット
にウィークポイントがあると言えるかもしれない)
曲がる位置、曲がり度合とキャスティングレンジとの関連付けを僕の今後の研究課題としたい。

ハリCANE vol.389

22, July, 2012
ハキダメギク
先日、赤道直下のような暑さだったが、この一両日、秋のように涼しい。 
今日ようやく、ニーニー蝉に混じってアブラ蝉の声を聞いたが、蝉の数は
相変わらず少ない。 蝉に限らず、川虫の数も相当に少ないという話だ。 

そんな中、この時期花を咲かせる野草は、春に比べると断然と数が多い。 
田辺聖子が「ものの名前を覚えなさい、世界が広がります」と書いてある
ように、一つ花の名前を覚えたら、ほかの花の名前も覚えたくなる。
hakidamegiku.jpg

そして今この辺で目立つのが、この花。 調べてようやく見つけたその名前。
元来は外来種で、今は帰化種となっている。 ものの名前は人間が都合のいい
ように付ける。 しかしハキダメに咲いていたからハキダメギクだとは、
なんとも可愛そうで失礼な命名だが、その名に反してとても可愛い花なのです。

ハリCANE vol.388

21, July. 2012
広西省チワン族自治区、棚田の風景

一緒に中国旅行に行ったAさんが何時の間にか僕の後姿を写してくれていた。
お気に入りのノースフェイスのデイバックにPENTAXのデジタル一眼レフと
格好だけは一人前なのだが・・・
DSC00260_convert_20120721123837.jpg

Aさんが400枚ほど撮ったSDカードを貸してくれた中の一枚。 Aさんのカメラは
最新鋭機能を持った一眼レフ。 それでも満足度60%くらいだと言う。 超晴れ男の
Aさんが、せかっくの桂林も晴天にしてしまったが、幻想的な霧の桂林が撮りたかった
ということで、まだ何時か再チャレンジしたい。 それまでカメラの勉強しておかなけ
れば・・・ 

PS
カメラちゃんと撮ろうと思うとかなり難しい。 中年男があ~でもない、こ~でもないと
思考錯誤してやるところが面白い。 フライフィシング習いたての頃のようななかなか
上手く行かない歯がゆさが楽しいのだ。 

ハリCANE vol.387

20, July. 2012
蛍の幼虫

近所の蛍ブリーダーさんに蛍の幼虫を見せて頂きました。
hotal1_convert_20120720120252.jpg

蛍の最盛期は6月。 関東ではもう終わりで、秩父でまだ見れるという情報を聞き、出掛けた
そうですが、残念ながら見ることは出来なかったそうだ。 この時期にはもう既に卵から孵った
一齢幼虫(現在5mm程度)が餌用タニシに集まってました。 5mmの幼虫。 なんとも可愛
いもんです。 画像の幼虫はその一齢幼虫ではなく、今年成虫になれなかったタイミングを逸
した固体。(数回脱皮済みの3齢前後)来年成虫になるらしい。

このブリーダーさんは小さいながら自然風の流れに植物を配し、蛍の餌となるタニシ、カワニナ
を放しているメイン舞台の他、水槽が幾つもあり、採卵用、幼虫飼育用と分けている。 
「飼育してみませんか?」と誘われたのですが、釣り好き人間なら、水辺の楽しみを理解できる
だろうと思われてのお誘いのようです。 確かに、話を聞きながら蛍の幼虫に無心に見入って
いる自分でした。 


ハリCANE vol.386

19, July. 2012

アカツメクサ

今朝、ワンコの散歩で気が付いたこと。 シロツメクサの開花が終わりに近くなって
いるようです。 大きなサイズの花は殆ど枯れてしまい、今咲いているのは一回り
も小さい花ばかり。 野草など気にしなかった頃は、白いレンゲ草程度に思ってまし
たが、シロツメクサという名があることを知ったのは、恥ずかしながら今年の話。

akatumekusa.jpg

その白い小ぶりのシロツメクサでさえも、盛期は過ぎたようです。 しかし、1本だけ
薄ピンクのシロツメクサを見つけました。 突然変異かなと思い、帰宅後、早々調べた
ところ、アカツメクサと判明。 また一つ勉強になりました。

ハリCANE vol.385

18, July. 2012
朝からあっち~
昨日のブログの通り、群馬県館林は39度。 自慢じゃないが今日40度くらい行く
だろう。 朝から暑い中、自転車で一周してきたが、戻ってみると竹が2本置いてある。

町内の夏祭りというのがあって、去年大人気であった「流しそうめん」を今年もやろう
ということになり、僕は、竹で協力をすることに。 用意してもらった竹を半分に割り、
中の節などを取り除き、そーめんがスムースに流れ下る加工するのが僕の役割。 
実は昨日、調達係がどこからか1本持ってきたのだが、細すぎということで、今朝新たに
太いものを切り出して持ってきたというわけ。
 
nagasisoumen_convert_20120718094014.jpg

太く立派な真竹。 節の白バンドが僅かに残っているのがお分かりだろうか。
この白バンドは4年目でなくなるという。 表面の汚れ具合などから判断して
4年物と思われる。 自転車乗りから戻ったばかりでまだ汗も引かないので、
汗かきついでに早々半分に割った。 またこれが長い物を持ってきたから割る
のが大変。 しかし、流しそうめんは長いほうが面白いですからね(笑) 
子供達の喜ぶ顔が目に浮かぶな~


ハリCANE vol.384

17, July,. 2012
12:OOAM 加須市気温39度
本州で暑さNo.1と言えば埼玉県熊谷。 最近その一位の座をおびやかす存在が
群馬県館林。 昨日も館林が日本で一番暑く、37度だとか言ってた。 
しかし、ここ加須市はその両方に近い。 車で30分と離れていない。 

昼間、ちょっと外出したが、車の気温計はすでに38度! アレ!っと思い見ている
間になんと39度に・・・  多分2~3時には40度に達する所もあるんじゃない
かな? 自慢じゃないけど、ここ加須市こそ熊谷、館林を抜いて暑さ日本一かもしれない。 
しかし、これだけ暑いと竿作るのほんと大変です。 基本的にクーラーは回さず汗かきかき
仕事しますが、流石にクーラー回して室温下げないと動けません。 熱中症でぶっ倒れ
るかもしれませんしね(笑)

そして今日、梅雨明け宣言が出た。 梅雨明けとアブラゼミの鳴き始めと因果関係が
あるらしいですね。 データによると2~3日の違いしかないとのこと。 まだ加須市
ではニーニーゼミだけで、アブラゼミは鳴いてません。 梅雨明けしたということは
2~3日以内に鳴き出すのか? まあ、楽しみにしておこう。 

ハリCANE vol.383

11, July. 2012
日本人の季節感
やっと鳴きました。 ニーニー蝉君。 昨日、本州で一番気温が上がったのは
埼玉県熊谷市と群馬県館林市。 それは、つまり、ここ加須市も同様と言うこと
です。 今朝の散歩で蝉の声を聞いて夏だなと思いました。

暦の上ではとっくに夏なんですが、梅雨が明けてからが夏という季節感を持っている
人も多いようですね。 確かに梅雨が明けると太陽が強烈になりますから、それからが
夏本番という意味なんでしょうが。 竿を作るにはキツイ季節でもあります。

marutakerod_convert_20120711085732.jpg

さて暑いけど、新しいロッドでも作るとします。 画像はバットに使う丸竹と丸竹用矯木。


ハリCANE vol.382

09, July. 2012
怪奇現象??

ではありませんので、ご安心を!  近所に蛍を飼育している人がいまして、もう終わり
なので見においでとお誘いを受けました。 何故かカメラ片手に出掛けたのですが・・
hotal_convert_20120709202804.jpg
平家蛍は素人が簡単に撮れるようなものではありませんでした。 源氏蛍はまだ撮り
やすいそうです。 直ぐに画像を撮るのは諦めて涼しげに飛び回る蛍の光を見入ること
にしました。

その蛍ブリーダーさんは、駐車場の一部をドーム状に骨組みし、ネットを張り、川を模し
て石を配置し、水を流し、水草を育て、タニシ(カワニナの代用)を入れ、交尾が終わると
卵を採取し、繁殖させているベテラン。 もう7年越しで、かなりの数を育てている。 町
の依頼で公園に放したりもしている、蛍マニア。 アイスキャンデーをご馳走になり、ちょっ
とした納涼でしたが、香取線香は勿論たかないので、蚊に食われまくってしまいました(笑)

蛍は本当は6月が最盛期。 3週間ばかり遅れているようです。 そういえば、蝉が
まだ鳴きません。 不思議ですね。 例年ならとっくにニーニー蝉が鳴いていて良いはず。
こちらも遅れているのでしょう。

ハリCANE vol.381

07, July. 2012
笹の葉さらさら・・今日は七夕
短冊に願い事を書いて笹にくくりつけたのは、半世紀も前のこと。 今は、おじさんに
なって、毎日竹いじりの日々。 今日は竹の乾燥と火入れの関係の話。

ミドルカット・トンキンケーンで作ったトィッチングロッド。 非常に軽く、そして張りがある。
bendtest_convert_20120707080704.jpg


アメリカのバンブーロッドメーカーは竹を何年も寝かせてから(乾燥させて)使用します。
例えばウィンストン((グレンブラケットの頃)でも、購入した竹は数年(5年位?)
寝かせ使っていたそうです。 つまり、今日仕入れたトンキンケーンが竿になるのは
数年先なのです。 レナードは、十年寝かせた竹を使用していたそうです。 

アマチュアであれば竹を購入して直ぐに竿にしてしまうでしょう。 しかし、その場合、
火入れはちゃんと行う必要があるということです。 そして竹にきっちりと火入れを施す
のは、竿を削ることより難しいことです。 火入れが甘いと曲がり癖が出るのはまだしも
簡単に折れてしまったりします。 竹の自然乾燥の不十分さをカバーするのが火入れです。

従って竹の自然乾燥度合いに応じて、火入れの度合いも変化させなければなりません。
自然乾燥10年の竹であれば、火入れは不要。 5年以上であれば、火入れは多少必要。 
新しい竹~3年以内であれば、火入れは重要だと思います。 逆に言えば、火入れを上手に
コントロールできさえすれば、採ってきたばかりの竹からでも良いアクションを作ること
は可能です。

画像は当店販売のミドルカットのトンキンケーンで作ったルアーロッド。 比較的新しい
竹ですので、火入れを十分に施す必要があります。 これにより、張りがあり、曲り癖の
出ないブランクに仕上がっています。 竹の軽い部分を使い、且つ火入れを効かせています
から、これを手にとったお客さんが、まるでカーボンようようですね、と言ってました。
勿論持ち重りしがちなスローアクションのロッドも軽く仕上がります。 竹を生かすも殺す
も、要は製作者の腕の見せ所となるわけです。
 
火入れを利かせたロッド製作に興味ある方は、秋頃「お気楽バンブーロッド教室」を予定
してますので、それこそお気楽にお問い合わせのほど・・・

ハリCANE vol.380

05, July. 2012
トンキン、女竹、矢竹(オバケ)
中村羽舟さんより頂いた女竹、矢竹(下2本)
sinorui_convert_20120705095359.jpg

画像上がトンキンケーン。 下が女竹にオバケ
皆、篠類。 節が真竹や孟宗竹のように飛び出ていないのがお分かりでしょうか。
篠類は節が低く、ロッドにしやすい。 女竹、矢竹もトンキンケーンの仲間なのだ。

女竹、オバケ、共に珍しい。 このオバケは直径2cm5mm。 矢竹でこの太さはめっ
たにない。 それに対しオバケは矢竹に似ているけどそれより太くなる種類。 これを
植物学者は分類上、別名を与えているわけでもない。 まあ、そんな大事な研究対象で
もないのだろう。 従って名無しのゴンベイのままなのだ。いつしか付けられた名称が
オバケ。

女竹もオバケも竹に比べ肉厚だ。 直径が同じであれば、竹類より肉厚であり、ピス
もすくない。 竹はピスも多く、繊維の密度は一般的に篠類ほどでないようだ。

ロッドを作る時、三角の全部が繊維質が良いと考えるのが一般的のようだが、それは
前にも言いましたが、アメリカの魚や北海道の大きな魚だけを対象にする発想。
本州の川の場合は、軽さを追求するケースも多く、別の発想を持つべきだ。 つまり
ピスの多い竹類が軽いロッドに仕上がる。 要は繊維の密度より弾力が良いかどうかが
問題だ。 従って竹の種類の選択は釣りの仕方に応じて作り分ける柔軟な思考がほしい。 
繊維の強度はまちまちで、赤道に近い程、生育が早く弱いようだ。 篠類だと北緯
28度?前後が良いのではと思っている。 竹だともっと上?。 北緯が上がるに従い
篠類は直径は細くなっていくが、竹類は太い物が多いようだ。 (篠、竹と北緯の関係
は興味ある研究対象なのですが、調べてる時間が無い) 画像の女竹は篠類としては関東
地区では最大級でしょう。 鹿児島県、沖縄まで、緯度を下ればウサン竹と呼ばれる太い
篠もありますが、逆に北緯を上げて、東北地方に行けば篠類はさらに細くなっていく。
因みに繊維の強度を確かめる手っ取早い方法は、竹を手で折ってみるのが一番。

ハリCANE vol.379

04, July. 2012
桐生市深川食堂のカレーラーメン
旨いんだなこれが!

群馬県桐生市に行くと昼食はここ深川食堂。
渡良瀬川を中心に放流をしたりレクチャーを開いたりと言った活動をする団体
ネーチャリングアクトの会長、橋本さんの経営するお店。
curryramen_convert_20120704064923.jpg
案外やってるところ少ないカレーラーメン。 昨日の桐生は暑かったので、
冷やしラーメンにしようか? 深川食堂の冷やしラーメン食べたことがないもんな~。 
などと迷いながらもやはりカレーラーメンを注文。 カレーラーメンも美味しいのですが、
会長の橋本さんが実にイイ感じの人なんです。 来年は渡良瀬川案内してくれるって言って
くれましたが、ホントお願いしますよ。 こんごはシビアな釣りに専念するつもりです。

さて、昔話で、お爺さんが山に行って、転んで、手にした蔦を引っ張ったら山芋で
その後、ウズラをとったりなんだりと良い収穫ばかりのお話ありましたよね。
昨日の僕がまさにそんな感じ。 尊敬する竿師の中村羽舟さんより、丸竹の火入れを
見せて頂いただけでなく大切な矯木をお借りしたり、貴重な女竹、矢竹を頂いたり。 
収穫ばかりでした。 それだけではありません。 そうです。 なんと島崎憲司郎さん
より、低空飛行のキャスティングメカニズムを詳しく教わってしまいました。 もちろん
教わったらすぐに出来るというものでもありません。 しかし、練習の目標になります。
さっそく練習してみよう! マスターできれば、ご紹介してバンブーロッドだからこそ
こういうキャスティングが出来るということを示すことができます。それが日本のフライ
フィシングの更なるレベル向上に多少なりともお役に立てるかもしれない。

ハリCANE vol.378

03, July. 2012
サマーセール開催!
初めてサマーセールを開催いたします。
★懐集産トンキンケーン 
直径45mm~50mm 節の長いミドルカット・トンキンケーン

<サマーセール価格> 
1本  ¥4,200
5本  ¥18,380 
10本 ¥31,500


日本の渓流用ロッドには、それなりの竹の切らせ方があります。
アメリカ向けの竹は全て根元から切る方法ですが、より軽いロッドを作る為に
当店では別の部分を切らせています。 根元から切った竹は確かに太く立派に
見えます。 しかしそれが本当に良いのかな? それでは節の長いミドルカット
のご紹介。

トンキンケーンの繊維が一番凝縮しているのは、直径40mm~45mm
と言うことでアメリカのビィルダーの中でも細めの竹を好む人もいるそうです。
ホントかどうかわかりませんが、根元カットでその太さは確かに細く、逆に入手
困難かもしれません。 ただ太ければ良いと思ってないアメリカ人もおられる
ようですね。 

今回セール対象は、それより幾分太い45~50mm物。 国営産地の
管理者達スラッシュマークも基本的には入った竹です。 マーキングを
気にされる方もおりますが、実際問題として、マーキングの部分は使わない
という考え方が日本の場合にはドンピシャにあてはまります。 何故か?
マークは根元から5~7節のあたりに入れられる場合が殆どです。 そして
その部分は硬くて丈夫な部分。 アメリカのロッドなら、魚の大きさが
違うので、その部分を使いたいということになりますし、竿の重さなどあまり
気にしないでしょう。 しかし、ここは日本。 対象魚は渓流魚がメイン。 
バンブーロッドも軽いほうが良く、アメリカに倣う必要など全くありません。
当店では、マーキングを外し、その上の3.6mでのカッティングを中国の
業者に指示し、納入させています。 つまり根元部分は使わないミドルカット。 
そしてミドルカットの取り扱いは、当店だけ! そして節も皆長い。

勿論、そういった指示は出していますが、なにせ相手は中国。 正直言って
多くの物にスラッシュマークが入ってます。 しかし、相対的に下の部分です。 
ロッド作りには殆ど影響ありません。 たまに真ん中に入って
いることもありますが、それだとさすがにロッド中央に出てしまいますので、
当店では、そういった物は発送しませんので、ご安心ください! 
そういう売り物として除外した竹は自分用にします。 これ本当です。 
僕個人の竿はいつも売り物にならない竹から作っていますよ。自分用に一番
良い竹など、ロッド製作暦20年の私ですが、一回もありません(笑)
尚、お送りする竹は自然の物ですので、多少のスレキズ等はご容赦下さい。

とにかく、渓流用ロッドの重量10gの差は大きな差です。
軽いロッドを求める方はパーツにもこだわるものです。 スネークガイド
を短くしたり、トップガイド内径を薄くしたり・・
でも根本的に軽く仕上げるには竹の元は使わないというのが一番なのです。
ミドルカットは弱くないのかと思われる方もおられるでしょうが、ご安心を。
当店では雷魚ロッド、バストップ用ロッド、スピニングロッドも皆ミドルカット
トンキンで作ってますが、問題無し。 要は火入れの良し悪しで決まる問題。 
流石に雷魚ロッドなどは根元カットを使っても良いのですが、太い雷魚ブランク
なら相当重いロッドになってしまいます。 しかし、ミドルカットならヘビー
クラスのロッドでもさほど重くならないし、且つ耐久性も十分なのです。 
つまりミドルカットはライトからへビィークラスまで対応できるということです。 
火入れ次第ではカーボンのようなフィーリングを出すことさえ可能です。 
確かめたければ、ご来店されて僕の作ったロッドを手に取って確認されれば十分
納得されるでしょう。  
 
さらにご参考まで申しますと、軽いと言われる真竹でも同じこと。 根元部分を
使えばロッドが重くなるというのは常識。 より軽く作りたい場合は、真竹でさえ
竹の上半分を使えと言われています。(これ、ロッドビィルダーの常識!) 
真竹の根元部分は、ヘラブナ竿の穂先に好んで使われるのです。  

長くなりましたが、カッティングは無料です。 2ピース用も3ピース用も
無料ですのですので、ご注文の際にカッティングの支持を下さい。
もちろん全部カットする(ノードレス用)でも無料サービスです。 

★サマーセール限定、リバーロッド用ロッドメイキングセット
サマーセールセット価格 ¥69,800
<セット内容>
渓流用プレーニングフォーム1230mm(8’0”ロッド迄制作可)
ダイヤルデプスゲージ
スタンレー仕上げ用カンナ
スタンレー荒削り用カンナ


プレーニングフォームは短めな未研磨1230mm。プッシュ&プル可変式。
最長ロッド制作可能長は2ピースで8’0”迄対応。 ちょっとしたテーブル
を利用してロッドメイキングが出来る! また3ピースであれば、この短い
フォームでも12’0”だって制作可能ということになります。 ただ、実際は
このフォームでダブルハンドロッドは作れなくはないですが、溝が細いので大変。
基本的には細溝加工の渓流ロッド用だと思ってください。 ただ、太いロッドでも
#6~8なら楽勝です。

セット内容には、バインダーとホーニングガイドは付属されておりません。
バインダーは手巻きで処理できますし、ホーニングガイドは無くても
手研ぎが出来れば、それが実は一番刃持ちが良く、研ぐのも早く、私個人的
には、ホーニングガイドは使用していません。 手研ぎの方法は後ほどご
享受させていただきます。(実は、手研ぎのほうが刃持ちも良い!!)

研磨加工やフライス加工で表面加工する必要がない程精度よく加工すること
により、リーズナブル価格を実現できるのです。 研磨仕上げのように美しく
こそありませんが、バーストック磨きS45C材の素材のままのフォームは
表面硬度が高く、カンナの滑りの良さは良好です。
製作は受注生産で、納品は今月末からになります。 また、フォーム単体の
受注もお受けします。 単体価格は¥39,900となります。

★レオンオリジナルバインダー エントリーモデル
目標価格 ¥35,000~¥38,000
これはサマーセールではありませんが、格安モデル制作予定。
初回モデルはスタート価格はリーズナブルでしたが、手間がかかり過ぎる為
後に工作時間に見合った価格にまで上げさせていただきました。
しかし、お安い価格でご提供したい気持ちは変わらず、さらに簡略化して
リーズナブルモデルを制作予定です。 販売時期は未定ですが、10月頃
にはご提供できると思います。 機能に関しましては、初回モデルをお買いの
方からは、皆様ご満足頂いております。 ご使用されている方のブログなど
にも好評の意見を頂いております。 

ハリCANE vol.377

02, July. 2012
広州チワン族の村を訪れる
4泊5日のショートトリップでしたが、無事に帰宅しました。
広西省チワン族自治区。 桂林で有名ですが、棚田でも有名なようです。 
keirin11_convert_20120702102501.jpg
インドネシア、バリの棚田も有名ですが、それは狭い谷間にあり、それに稲とバナナという
日本では想像もつかないようなマッチングが独特の亜熱帯らしい田園風景を作っている。 
一方、ここの棚田はスケールも格段に大きく、雄大な景色に皆圧倒される。 山の中腹には
幾つかの村々を望むことが出来、それらを繋ぐ路は絶好のトレッキングコースになっている。

keirin15_convert_20120702105919.jpg
棚田で働く人
keirin16_convert_20120702110336.jpg
農家のおばちゃんがこけもも?を売っていた。
keirin17_convert_20120702110931.jpg
農家のおかあさん達
keirin13_convert_20120702104724.jpg
路の側溝で産卵していたオニヤンマ。keirin18_convert_20120702111514.jpg
幸運にも晴れの天気に恵まれましたが、暑さで少し日焼けしました。 トレッキングコースは
幾つかあるようで、いずれじっくりと歩いてみたい。
後ろの木造りの建物で昼食。
keirin19_convert_20120702112206.jpg
先ほどのこけももでビタミンを補給しながら現地のビールで喉を潤す!keirin20_convert_20120702112724.jpg
食後、スナップ写真を撮りながら村内を散策。 
keirin21_convert_20120702113258.jpg
農村に竹は大切な植物。 見て回った範囲では画像のような孟宗竹がところどころに
生えているだけだった。

因みに桂林のリコウ川両岸には巨大な篠が生えていまいた。 太いもので直径は10cm
程の物もありましたが、枝下が短くロッド用としては適しているとは思えませんでした。 
やはり、前回ご紹介した、枝下の長い巨大篠はこの辺りには無い様ですが、隣の雲南省
(しかもミャンマー寄り)でしょう。 何時の日かその竹を探しに旅することもあるかも
しれません。 今回は、時間が無く良い竹の画像は撮れなかったということです。
keirin22_convert_20120702114708.jpg
最後に雨季でずっと雨続きの中、滞在中ずっと好天にしてしまった、脅威の晴れ男である
お客さんAさんをご紹介。 今回の旅はAさんの為にセッティングしました。 チワン族の
可愛い娘さんとのツーショットで鼻の下を長~く伸ばしているAさんでした(笑)


プロフィール

三浦 洋一

Author:三浦 洋一
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR