ハリCANE vol.470

27, Feb. 2014
真竹スプリットケーン限定販売

トンキンケーンと比べ、軽くて優しさを感じる真竹ロッド。
madakesplit_convert_20140227155249.jpg

真竹は日本の竹ですが、いざ真竹ロッドを作りたくても、まず採りに行かなければなりません。
インテリア素材としても販売されておりますが、京都の晒し竹のようにピカピカに仕上げられて
いる物などはかなり高価です。 また、竹に割れが発生しないように真子が多いはずです。 
鑑賞用竹と釣竿とでは考えや扱いが違うので同じ真竹であっても注意が必要です。

今回、当店で限定販売する真竹は、4年物、乾燥も4年です。 4年物は4年寝かせろというのが、
竹竿職人の常識ですが、その意味ではまさに良い乾燥状態であり、すぐに使えます。

お買い求めやすいようにロッド1本分のスプリットにして小口販売いたします。
ロッド1本分。 つまりティップ、バット共に7本ずつ(6本プラススペア1本)となってまず。
スプリット作業込みでこの価格はお勧めです。 販売数量限定! 興味のある方はお早めに! 

真竹ロッド1本分スプリット ¥2,625

PS
真竹ロッドはトンキンに比べ繊維がやわらかいので、制作は比較的に楽です。
テーパーは気にすることなくトンキンのテーパーでやってしまって問題ありません。
ただ、トンキンのアクションよりは0.5番くらい軟らかいロッドに仕上がります。
お試しあれ!


スポンサーサイト

ハリCANE vol.469

26, Feb. 2014

バンブー剛竿

たまに作るのがこのロッド。

raigyorod_convert_20140226075607.jpg

ワンピース7’6” 最大ディメンション15mm。 竿はスペイロッド等
対面ディメンションが大きくなるほど難しい。 まず曲がりなおしが困難だ。
#3前後の繊細なロッドを作るほうがはるかに容易なのです。

太いロッドを作るのだからバインディングはしっかりしたい。 レオン製バインダー
は(コマーシャルのつもりではありません)ギャリソンバインダータイプ等の前進
で巻いていくタイプと違い、往復で巻き上げることがが可能。すでにバインディング
その上に何度でもバインディングを重ねていけます。 このロッドもそうして締め上
げています。 それでも捩れは最小。 

ハリCANE vol.468

25, Feb. 2014

バンブーロッド制作塾

2014年のバンブーロッド教室始まりました。

bambookyousitu_convert_20140225110107.jpg

レオンバンブーロッド塾は、常時募集しているわけではないのですが、希望される
ときには必ず開講するようにしています。 のんびりしたスタイルでの開講です。
今回は、一室を教室として設けましたので、生徒さんもスペース的に楽だと思います。
今回は3名様。 いつもそうですが、今回も遠くからご参加くださっている生徒さんが
おりまして、遠路お越しいただきありがとうございます。

完成までの約2ケ月は日曜日は教室です。 ハードな面もありますが、この5月から実際
の釣りに使えるロッド制作を目指します。 今までは購入したロッドを基に自分の釣りの
スタイルを組み立てていたわけですが、これからは、自分のロッドを自分で作るという、
もっと根底的なところから釣りを組み立てていくわけです。 当然楽しさが倍になること
間違いなし。 がんばってやっていきましょう。 教師を務める私、三浦ですが
馬鹿な冗談を言ったりもしますが、楽しいロッドメイキングスクールの思い出になって
くれば光栄の至りです。

ハリCANE vol.467

07, Jan. 2014

またもや出現!

ありがたいことに現在もまだ仕事に追われてブログの更新もままなりません。
しかし、本日、ヤッターといえることがありまして・・

夕刻、仕事上必要な物を調達しにホームセンターへ。 明日の大雪を懸念して
レジでは雪かきスコップを買い求める人が並んでいて驚きです。

さて、帰り道いつもの道路を左折した時だ、暗くなったばかりの空にあいつがいた! 
以前ブログにも書きましたが、空中でチカチカと瞬く物体、つまり未確認飛行物体。
ライトを点滅して移動しているヘリとは全く違う。 それは星のように堂々と夜空
に浮かんでいるのだ。 停止して見えるので、皆それを見ても星か人工衛星
くらいにしか思わないだろう。 今回のは停止しているようでもほんのわずかずつ
移動していた。 以前2回、目撃しているが(多分これ)、いずれも目を離して
いる間に消えてしまっている。 今度こそはと目を離さずにいたが、案の定、こちら
の視線を感ずいているかのようにパっと消えた。

いいものを見たような気分だ。 なにか良いことでもあるようなそんな気持ちに
させてくれる。 以前中村羽舟さんが遊びに来られた時、帰りに不思議な飛行物体を
見たという。 それも2度、うちに来た帰り道。 加須は案外UFO目撃多発地帯なのか・・


(注)
以前見たものはかなり遠い距離だったと思う。 人工衛星くらいの大きさに見えた
ので、方向からは東京上空とか、富士山方面とか。
ただ今回はもう少し近い。 空はどんよりした雲に覆われている。 こちらから
見えるということは、雲の下にいたからだ。 以前U-TUBEで、同様のものが
投稿されていたが、それにはUFOの下部で緑、赤等のライトが回転していた。
回転している光が遠くから見ると瞬いて見えるのだと思う。 特に荒唐無稽な話に
は興味が無い。 ただ、不思議な物体が出現することがあるということの報告です。


 

プロフィール

三浦 洋一

Author:三浦 洋一
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR