ハリCANE vol.492

02, June, 2014
トンキンケーンの聖地へ再び
トンキンケーンの聖地はそこら中がトンキンケーンである。  画像はトンキンケーンの若竹。 
山村付近のトンキンは土質の関係で直径4cm程度にしかならないそうだ。 、太い物は山中の
一部エリアに限られると言う! 
babytonkin_convert_20140603003039.jpg
そんな話を以前に聞いてはいたが、それが本当であると知った。  来週、中国に行く。
トンキンケーンの仕入れ等。 竹は早く仕入れたかったのですが、トンキンケーンの最高業者
との接触に手間取っていた。 しかし、5年前から始めた中国語のおかげでなんとか連絡をとり
合うことができた。 5年習った位では上達しないのがマンダリンだが、流石にそれでも下手なり
に中国語で連絡できるようになっていた。  中国に良い種類の竹があるのであれば中国内部
にも行く必要がある、そんな理由で始めた中国語学習だ。 

さて話を戻すと、太いトンキンケーンの生える聖域には現地人の案内無しでは行けない。
アメリカ人で行ったのはトンキンケーン販売業のデマレスト社のハロルドHデマレスト氏、
ギャリソンの本(A Master Guide To Building A Bamboo Fly Rod)の著者で知
られるホギーBカーマイケル氏、 竹販売業のアンディー・ロイヤー氏位だ。 
日本人でそこを訪れた人は殆どいない。 聖地の中の聖域を訪れる日が近ずいている。 
スポンサーサイト

ハリCANE vol.491

26, May,2014
バンブサ テクスティリス・ケーン
この竹名は、かのマクルアー博士がBAMBUSA TEXTILISと命名した学名です。
ttiliscane_convert_20140525150027.jpg
断面を見てお分かりの通り、繊維質であり、ピス(木部)は極僅か! というよりほとんど無い!
繊維の太さはトンキンのより細く、別亜種。  杆直径3~5cm 節長50~60cm。 軽く、強度
弾性ともに優れている。  

ハリCANE vol.490

25, May,2014
ウサンチク(大竹)
ウサンチクを調べてみた。 中国長江流域原産。 杆の直径7~8cm 布袋竹の大型種とある。
この竹、間違いなく中国の越秀公園で見たのもに間違いない。 みごとな太さ。 そして篠類に
間違えそうなほど節が低い。 しかし葉は竹類のものだったので記憶に新しい。 一見良さそう。
しかし、真竹属ということなので、作ってみて真竹と同じであったら、釣竿としては勿論悪くは
ないでしょうが、新しい素材を使う意味はあまりない。 つまり真竹と同じなら真竹を使えば
よいということになる。  また海外でトンキンなみの繊維の強い別種の竹を探すのもさほ
困難ではないでしょう。 しかし、トンキンと同じであれば、わざわざ別種を探す苦労などせず
素直にトンキンを使えばよいということになる。 つまり同じようなロッドになってしまうので
あれば取り立てて主張することは何もがないからだ。
usantiku2.jpg
別種の竹を使用するのであれば、それなりの特徴がほしい。 (誤解のないように言いますと
別種の竹が身近にあり、それを使うのはおおいに価値あるこだと思います) 
例えば、真竹のような軽さでトンキンのような張りがある竹。 そんな竹なら新しい感覚の
バンブーロッドの制作ができる。 手前味噌な話ですが、そんな竹を使ったロッドを発売予定
しています。 その竹の正式学名はBAMBUSA TEXTILIS。 格好いいではありませんか。 
バンブサ・テクスティリス。 略してバンブサバンブーかテクスティリス・バンブー。 

これとは別に僕の探しているのはロングノードケーン。 簡単ではない。 しかし自分なりの
テーマが必要でロングノードの竹だから、それがどうしたと言われても困る。 これは僕の
こだわり、つまり僕の主張みたいなものです。 「竹は節ありて強し」という言葉もありますが
「人の行く裏に道あり花の道」という言葉もあります。 つまり「逆もまた真なり」ですかね。
好みは人それぞれ。 

近々に天然ノードレス7’0”#4 3ピースを販売予定。 またバンブサバンブーの
6’6”#4の天然ノードレス3ピースのロッドも販売予定。 ごく少量生産。 
今から言っておきます。「天然ノードレスアクション」ノードレスだからこそのアクション
が存在します。  そして3ピースならではのアクションが加わります。 そしてさらに
プラスワンでQUAD特有なアクションを加味すると言った発想もでてくるわけです。


ハリCANE vol.489

20, May. 2014
バンブーアングラーエッセイ
現在発売中の「バンブーロッド教書」の中で島崎さんが光栄にも僕のトンキン探訪のエッセイ
に触れて頂きました。 ただHP上からそれに関する文章、画像はすべて削除してしまいました。 
お客様の中にもその文章を読んでみたいという方もおりましたので、参考にもなるでしょうから
再現しようと考えましたが、 画像そのものも削除してしまっていて再現どころの話ではない状況
で半ばあきらめていたところです。
tonkinvillage_convert_20140520115812.jpg
今日、ある資料を探していたところ、偶然にも僕のその削除したはずのリンクが残っている
のを発見しました。 サーバーに残っていたのですかね。 技術的なことはわかりませんが
そのリンクをコピーしてエッセイの再現することができました。

不要だと思っても記録は簡単に削除すべきではないと思い知らされました。 
さて、そろそろ中国行きを予定してます。 新しい竹を探しにいくことも予定に入っています。 
新しい竹といってもやたらに行って簡単に見つかるものではありません。 ずっと考えてき
た一つの方法で、ロングノードケーンの手がかりが掴めるかも。  またその辺のご報告も
できれば良いと考えています。

ハリCANE vol.488

18, May,2014
バンブーロッド塾 最終回
とは言っても、今回のスクールは無料サービスです。 そして本日で終了。
brs11_convert_20140518151705.jpg

前回でブランク制作は無事終了。 どうせなら自分で作ったグリップを作ろうということに
なり、そ制作風景がこの画像です。  皆自分の手に合ったグリップを完成させました。
因みに、グリップ成形はみんながご自宅で出来る方法で行っています。 同じ方法で
リールシートのウッドなども制作できます。  完成したグリップをロッドに装着しましたが
ロッドの径にあわせてコルクの内径を広げる方法なども教えましたが皆の想像と違った
方法に驚いたようです。 ガイドの取り付けは時間がかかるために少しだけ練習し、
あとは各自ご自宅でということで無事終了となりました。 皆さん大変良くできましたので
満足されたと思います。 長いようで短い間でしたがご苦労さまでした。 

ハリCANE vol.487

17, May, 2017
バンブーロッド塾第10回目
ブログアップするのすっかり忘れてましたが先週もバンブーロッド塾を行いました。
brods10_convert_20140517154735.jpg

この回で、フェルールを取り付け、ブランク完了。 接着剤の硬化するのは待ってから
さっそくロッドを繋ぎいざ ”ご対面~♪”
驚きのグッドアクション! といってもそれが当たり前ですけどね!!
この後はバーニッシュを一回施し、あとの2回は各自ご自宅で。

次回は、つまり明日は、コルクの成形と接着。 ガイド取り付けを行い。 終らない場合
各自ご自宅で。

ハリCANE vol.486

15, May, 2014

そういえば・・・
先日、古くからの釣り仲間(というより大先生かな?)と久々の釣りをしました。
まあ、管釣りでしたけど、いや~、面白いッスね、フライフィシング!

fly_convert_20140515113502.jpg

竿は作ってもフライはほとんど巻いてません。 最後に巻いたの何時だったかな~
従って昔巻いたヘボフライを使用することに・・・ といっても釣果のほうはまあまあ。
使ったフライは画像の右のみ。 ジャックドゥという非常に軟らかいソフトハックル。 
このマテリアルを使った有名なフライが少ないため、入手も困難かも。 あえて言う
ならばGEMスキューズのアイアンブルーニンフ。 ボディーはモグラのダビング、
テールはクリームのファイバーを数本。 スレッドはスカーレットでアイの下の赤っぽい
色が地味なこのフライの配色に光明を与えている。 アイアンブルーニンフと言う名でも
実際はニンフというよりソフトハックル。 そしてキラーフライだ。 必殺針と言っても良い。
しかし、僕のはジャックドゥをハックルに巻いただけ。 モグラの毛持ってないし(汗)
それでも喰いがよい。 あえて言えばボディーのリビングがちょっとしつこかったですね。 
リビングは見えるか見えないかのチラリズムが大切なようですよ。 

因みに今回行った場所は、栃木県加賀FF。 以前は魚が小さく数も少なく、釣れる場所が
限られてましたが、今回は魚は手ごろサイズ。 コンディションもかなり良く、僕の新テーパー
試作ロッドを気持ちよく絞りこんでくれました。  ランチを食べながら(ビールでも飲んで)行く
にはとても良い所です。 また大先生を誘ってビール飲み、いや釣りにでも行ってみるとしましょう。


ハリCANE vol.485

02,May.2014
オイルフィニッシュ&アルミ無垢パーツ

リールシートの在庫が切れかかってますので、ニューモデルを追加中!
ウッド4種類。 アルミの無垢金具、軽いです。 小さめのキャップと
外径16.5mmという寸法がグリップデザインの幅を広げてくれます。
ホームページで紹介している外径15mmタイプになるとグリップエンド
の径をさらに細くできますので、更に自由なグリップ設計が可能です。
reelseat165al_convert_20140502094118.jpg

話は変わりますが、世界卓球。 何の気無しに見始めたら結構面白くてつい見て
しまいます。 昨日の男子ハンガリー戦、エースの水谷隼選手が卓越した技で勝ち
ましたよね。 パワー、技、卓球ってこんなに凄いのかと改めて関心しました。
女子も良いですね。 愛ちゃんは出てませんでしたが、石川佳純選手は可愛い!
TVコマーシャルにもでていてフレッシュな印象がとても良いですね。
しかし、なんといっても鹿沼市出身の平野早矢香選手に魅せられてしまいました。
あの無駄のない動き。 フライキャスティングもあんな風にできたら理想です。
コンパクトな動きにパワーと技を仕込む。 修練につぐ修練でいぶし銀の輝きです。
平野選手自身もより最高の状態で辞めたいと言ってますが、修行の精神はかくあり
なんと言ったところでしょうか。
プロフィール

三浦 洋一

Author:三浦 洋一
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR