ハリCANE vol.520

1, Nov. 2014
バンブーロッド制作塾
11月からスタート、来年4月まで募集。 お気軽にご参加ください。
planingfinal_convert_20141031094142.jpg

自分で作ったブランクが最高!
バンブーブランクを4~6回で作ります。 ツールはお貸ししますので、持参するものは
ありません。 汚れても良い服装でご参加ください。 最短だと4回、費用¥28000で
バンブーブランクを入手し、且つロッド制作技術がマスターできるわけですから、かなり
お得だと思います。 テーパーはアメリカやイギリスロッドのコピー、6~8フィート#3~6
の範囲でお好きなブランクを制作します。 ご自分で作ったブランクが最高! その理由
はやって頂けたら分かります。 
来年4月まで開講予定ですので、是非この機会をお見逃しなく。 詳しくは当ホーム
ページをご覧ください。


スポンサーサイト

ハリCANE vol.519

23.Oct. 2014
ALTIMATE PLANING FORM
昨日はアルティメテ プレーニングフォームをご紹介しましたが、もう少し詳細をご説明します。
altimate2_convert_20141023134831.jpg

5インチ上任意の位置で開いた状態です。 画像ではスウェル基点からデプスで約1.5mm
開いた状態です。 まだまだ開くことは可能ですが、無理なく開かせるにはこの程度が無難
です。 実際にはこれ以上開く必要はないと思います。 画像の開きだと3mmプラスの
スウェルになります。(スウェル基点が対面寸法7mmの場合スウェル終わりが10mm)
勿論5インチピッチのフォームとして普通のロッドも制作できます。 これ一台で何でも
こなせるフォームということになります。

下にスウェルの目安を書いておきます。 好みで多少増減します。

■スウェルドバットを作る場合1.0~1.5mm
■ブランク一体竹フェルールの場合2ピース#3~4で0.5~0.8mm
■ブランク一体竹フェルールマルチピースの場合0.3~1.0mm  
■スプライス#4~6ロッドの正逆のスウェルの場合0.5mm~0.8mm

(注)アルティメイトフォームはライン#2~#6のロッドに最も適しています。
(注)スプライスは合わせ部分は多少スウェルにしたほうがよいです。
(注)画像は試作フォームです。 実際は分かりやすいネジ配列になります。

ハリCANE vol.518

22. oct. 2014
アルティメイト プレーニングフォーム
これまで市場に出なかったナロータイプフォーム!
アルティメイト、つまり究極のプレーニングフォーム。 レオンのお届けする自信作!
altimate_convert_20141022145046.jpg

これまでのプレーニングフォームの幅は40mm。 これは他社製もだいたい同様でした。
しかし40mmという幅は実はエバリットギャリソンのプレーニングフォームのサイズに
習って制作されてきたのです。 フォームの幅に関してはギャリソン以来数十年もの間、
殆どと言って良い程試行錯誤はされてきませんでした。 逆を言えばそれだけギャリソン
式プレーニングフォームが信用され使い勝手が良く、広く浸透していたと言うことでしょう。

今回敢えてギャリソン伝説を破り、幅24mmのナロータイププレーニングフォームを
ご紹介致します。 現在には現在のニーズに合ったツールが必要です。 

ノーマルロッドだけでなく竹フェルール、スウェルバット、
スプライスに対応可能なナローフォームの特徴とメリットとは 

■普通のノーマルテーパーロッドの制作だけでなく、一体型竹フェルール、スウェルドバット、
スプライスロッド制作の際必要な弱いスウェル/逆スウェルの制作が可能です。
従来通りの5インチピッチプッシュ&プル方式ですが、2インチずらしたプッシュ&プルが
ツィンで配置されています。 フォーム幅が狭いため、2インチ間で軽いスウェル状に素材
を開いてスウェル状の加工に対応できるわけです。 例えば一体型竹フェルールの場合、
チップエンド部分に対面1.0mmのスウェル加工(スウェル基点から終点迄に1.0mm
膨らむ)の場合、スウェル終点でデプス0.5mmプラスになるようにすればよいのです。
スプライスの場合も同様に弱いスウェルをティップエンドに、バットの先には逆スウェルを
作ってあげれよいことになります。 スウェルの深さは好みに応じて決定してください。
スウェルは0~1.5mm程度でご利用ください。 大抵のロッドはそれで間に合うはずです。
1.5mmと言うのは通常の対面3mmプラスのスウェルドバットに相当します。
また、スウェルは5インチピッチ上のどの位置で作ることが可能ですので3ピース以上の
マルチピースにも対応できる便利なフォームです。

S45Cスチール製 アルティメイトフォーム1530mmタイプ(5インチ、ツウィンスクリュー)
S45Cスチール製 アルティメイトフォーム1250mmタイプ(5インチ、ツウィンスクリュー)


上記2タイプを予定中。 価格は未定ですがリーズナブルプライスを予定しております。

ハリCANE vol.517

21. Oct. 2014
ロングノードケーン#3
2年前当バンブーロッド制作塾参加生のIさんのご好意で入手したロングノードケーン。

daimyou_convert_20141021100412.jpg

節間なんと80cm。 直径も55mmとトンキンケーン並みだ。 僕のこだわりはなんと言っても
ロングノードケーン。 2ピースなら6フィート。 3ピースなら8フィートの天然ノードレスロッド
が作れる計算だ。  十分乾燥させてからロッドに仕立てるつもりだが、こういう竹は簡単に
入手できるものではないだけに慎重に制作したい。

ハリCANE vol.516

15、Oct.2014
フライキャスティング雑感
前々回のブログで最近はキャスティングの練習をしていると書きました。ただ、ひたすら練習に
励んだのは遠い昔の話。 今は適当に15~30分程度の練習を庭先で気の向いたときに行う
程度。 経験上、あまり練習し過ぎると僕の場合、拘りすぎて力んだ投げ方になる傾向でした。
つまり力でなんとかしようという気になりがちです。 今は、練習は気の向いたときに疲れない
程度に行うのがちょうど良いくらいだと思ってます(笑)

testrod_convert_20141015133327.jpg

前々回ではバンブーロッドによるハイスピードラインに触れました。 しかし誤解のない
よう補足説明すると、ハイスピードといってもバンブー自体はカーボンに比べると低反発
素材なわけで、高反発マテリアル以上のスピードが出せるという話ではありません。 
無駄なく振り、レスポンスをなるべく一点で行えば必然的にラインスピードが上がるのです。
パワーロスを最小に押さえ、そのテーパーの持つマックススピードを得るという意味です。
ロッドを大きい弧で振った場合にはパワーが遠心力的に放出されベクトルが働き、集約的
でなくスピードも十分ではないキャストとなります。 しかし程度によりますが案外その方が
バンブーらしいゆったりしたキャストだと思われたりしてきました。

ラインスピードの高いキャスティング法はロッドを強制ストップするという一般的方法
とはやり方が若干異なりますので別の方法として捕らえてください。
ロッドをストップしてループを作る方法はどうしてもクローズドループ気味になりがちで、
タイトループにするとリーダーはトップから3~4番目のスネークのあたりを通過します。 
つまりライン逃がす為スリークォーター気味に振るか、あるいはトラブルを避ける為
肘の上下動を大きく振る必要がでてきます。
一方ハイスピードラインは集約的にパワーを放出させるのですからモーションは小さい
必要があります。 スピードのある平行ラインはトラブルも少ないキャステング法です。

画像のロッドはテストロッド。 アクションは気にってます。 スローなので、魚を釣っても
面白く、またスローアクションでも上に述べたようなキャスティングをするとそれなりに
ハイスピードタイトラインとなります。 





ハリCANE vol.515

10, Oct. 2014
輪行は面白い

自転車を袋に詰み電車や飛行機で移動することを輪行といいます。
今回は行きは輪行帰りは自転車で帰って来るパターン。 目的地は
群馬県冨岡市にある今年世界遺産の認定を受けた富岡製糸場。
さすが世界遺産。 平日にもかかわらず多くの観光客や小学児童
達が訪れていた。

rinkou2_convert_20141010204755.jpg

青い袋が僕の輪行バッグ。 駅で自転車を組み立て、目的の富岡製糸場へと向かう。
ゆっくり見学してからランチをとり、いざ自宅へと自転車を走らせる。 現地12時出発
自宅到着5時30分を見込んでたのですが、思いもよらず快走で4時には帰宅。 
途中休憩を殆どとらなかった為早い帰宅となった。 自転車の長距離に慣れたため
休憩が少なくなってきたのだと思いますが、とにかくめちゃくちゃ疲れました!
画像の人は自転車仲間のHさん。 彼は今年北海道に一人で輪行してきた。 
来年は台湾を皮切りにアンコールワット、バリ、インドネシアと輪行計画中。

ハリCANE vol.514

09. Oct. 2014
雑感色々
機械加工の仕事も一段落し、友人と前から計画していた今年世界遺産に認定された群馬県
富岡製糸工場に行くことに決定。 今日行く予定でしたが曇りなので明日に変更。 
行きは電車です。 ここ加須市からだと3回乗り換えして上州富岡駅まで行きます。  帰路は
自転車。 そうです輪行です。 行きか帰りに交通手段を利用する方法が輪行です。  初め
てなのでとても楽しみですね。 来年の海外輪行に向けての練習でもあります。 遠ければ
遠い程楽しみです。 僕の場合は大変な事するのが好きみたいです(笑)

ovasion_convert_20141009091431.jpg

さて、最近我が家にやって来たオベーションのエレアコ。  セコハンなので驚く程安い価格で
購入できました。  サンバーストもこのカラーは少なく気に入って購入。 スーパーシャロー
ボールなので生鳴りは期待してませんでしたが、エレキ入れるとなかなかです。 と言って
もこれは息子用。 高校生なのであまりお金を持ってませんので、半分は助けてあげました。
息子ですが、40年ギターを楽しんできた自分よりはるかにセンスが良く弾くので僕は最近
殆ど弾いてませんです。 どちらかと言うと二胡専門になってしまいました。 ただ二胡も
恐らくセンスないのだと思ってます。 なかなか上手くならないですね。 前回ブログのキャス
ティングも同様センスなしです。 下手の横好きというやつですね(笑)

ハリCANE vol.513

07, Oct. 2014
バンブーロッドキャスティングあれこれ
過去最強と言われる台風18号。 鳴り物入りで関東直撃しましたが、あっと言う間に去って
いきました。 気になっていたツクツクホウシでしたが、今朝鳴いてました。 なんとなく夏の
名残りのようで、秋の蝉の声、よいものです。

話は変わって久しぶりのキャスティングネタ!
遠投を考えればスペイであるとかシングルハンドでもシューティングヘッドとかというのが
主流になっています。 しかし、普通のフルラインを上手にきっちりとキャストするのは案外
難しいものです。 とりわけ基本が大切だし、またそれだからこぞ練習も楽しい。

cast_convert_20141007094009.jpg

ちょっと自分の回顧録的になりますが、僕の場合は始めた当初から有名なキャスターに
習った経験もあり、練習量も多く周りからは上手だと認められていた時代があった。 
しかし20年以上前、ある人が僕の作ったバンブーロッドで神業的なキャストを見せてくれた。 
それがリッツのハイスピードハイラインと同じであるかどうかは分かりませんがそれがそれに
近いものであるとすぐに理解した。  オーバーヘッド(多少はスリークウォーター) で振り 
ループは狭くベリーが下がらない。 キャスティングプロがよくやるクローズド気味なループ
とはまったく別なライン飛行だ。  それを見たとき、自分のはキャスティングではない。
今まで一体何練習してきたんだという気持ちで一杯になりました。

そんなキャストを見てから、その人を師と思い頻繁に一緒に釣りに行くまでの仲に
なりました。  横目で卓越したキャスティングを観察したり真似してみようと試みたり
してみたが、どうやら一般的なキャスティングメカニズムとは別の方法だと確信しました。  
以後、自分のやってきたことは全て捨て、心機一転で練習に励んだのでした。 

しかし結果は酷いもので、練習すればするほど酷くなり、長いスランプに苦しめられる
ことになったわけです。 その頃の僕のキャスティングを見た人はとんでもないへた
くそだと思ったらしい。 それでも一般的に悪いと言われている方法も含め色々試して
みましたが結果が出ないまま気がつけば20年の歳月が過ぎてしまいました。 
結果出した結論は、僕にはキャスティングの才能がないということだった。
いくらやっても駄目だ。 時間の浪費だ。 そんな訳で一時練習を中断した時期がありま
したが、最近はまた少しずつ開始。 やっぱり心底釣りが好きなんですね。 
下手の横好きというヤツですかね(笑)

流石に不向きな不器用な自分も60歳になりこの頃ようやく肩の力が抜けてきたらしい。
ラインスピードはなかり早くなり力は最低限。 やっと自分でも納得できるようになってきた。
最後に何故究極のキャスティング技術習得にこだわるかというと、ロッドテーパーデザイン
の設計コンセプトにも関わってくるからです。 

ハリCANE vol.512

05., Oct. 2014
ロッドメイキング塾
明日は台風18号が通過! 関東ではまだツクツクホウシが鳴いていましたが、台風後は
どうなってしまうのでしょうか。  そろそろ秋も本番。 芸術の秋! ロッドメイキングにも
良い季節となりました。 今秋のロッドメイキング塾生徒募集のお知らせです。

planingfinal_convert_20141005131030.jpg

参加費用は前回に引き続き、生徒さんの参加人数に応じて変わるシステムです。
1名様1回¥10,000 2名様¥8,000 3名様¥7,000 (1回/4時間)
例えば1名様でブランクコースを4回で終えた場合は合計費用は¥40,000となります。
好みのブランクを¥40,000で入手し、更に制作技術までマスターできるのですから、
大変お得なコースとなります。  

各自のペースに応じて完成までの回数は変わります。 4回でブランク完成させる為には
ミーリングマシーンや他のツールも使用していただきます。 ミーリングマシーンは簡単に
荒削りができるツールですのでこれを使えば4回程度での完成も可能です。 つまり何回で
完成させるかは生徒様のご希望次第です。  勿論ミーリングマシーン等を使わずゆっくり
とカンナだけで行って頂いても結構です。 その場合でも6回程度で完成です。 
ブランク完成後にロッドにパーツを取り付けるロッド完成コースもあります。 

講習日は日曜日午前中8:00~12:00. ちょっと朝早いですが、釣り人は早起き得意です
からがんばってください。 他の生徒さんの参加がある場合は、スタート日と参加日をなるべく
あわせて行えばその分割安料金となりますので、日程は相談しながら決めたいと思います。

詳細はホームページのスクールの項をご覧ください。
プロフィール

三浦 洋一

Author:三浦 洋一
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR