ハリCANE Vol.618

31, Dec. 2016
Oさんバンブーロッド制作教室5回コースの様子
osan1_convert_20161231132456.jpg
接着は一発勝負。 失敗は許されない! もし失敗したらスプリットを水洗いした後良く乾燥
させてからやり直しということになるでしょう。 いままで接着の失敗はしたことありませんが
スクールでははやり一番緊張する作業かもしれない。
osan2_convert_20161231132618.jpg
無事接着終了! 初めてのロッド制作で一番感激する作業でもあります。 ここまでくれば
次回はロッドを研磨、フェルール取り付け、バーニッッシュを施しスクール終了となります。

本年も大晦日を迎えることになりました。 それにしても一年は早いですね。 毎年早くなっ
たと感じるのは自分が年取っている証拠でしょうか(笑)

それでは皆さん良いお年を!


スポンサーサイト

ハリCANE Vol.617

11, Dec. 2016
87度イニシャルフォーム
竹に最初の60度加工を施す為のアイテムご紹介
inishal_convert_20161211203627.jpg
画像は現在ロッドメイキングスクールの生徒Oさんの工作風景。 数回削るとご覧の
通り片側に60度が付いているのがお分かりでしょうか。 スプリットを反対側に
返して反対側も同様に削ります。

ロッドメイキング手順は竹割り、曲がり直し、荒削り~となります。 いざ荒削り
となると、最初の60度に削り出しに苦戦される方も多いと思います。

そんな時大変便利なツールが87度/60度イニシャル&ラフフォームです。
87度溝は30度と57度に振り分けてあります。 このフォームは今から数十年
前にかのエバリット・ギャリソンが考案した物。 画像のように皮目を30度に押し
当てて削ります。 87度溝に入れた竹は左右にグラつきにくくスプリットが比較
的安定します。 後はカンナを水平に保ち削るだけ。 片側を削ったら反対側は
竹をひっくり返して削ります。 (竹の皮目が30度に来るように)

レオン製イニシャル&ラフフォームは表が87度、裏が60度の2種類の溝を持つ
大変便利なマストアイテムです。 興味ある方は当ホームページご参照下さい。
プロフィール

三浦 洋一

Author:三浦 洋一
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR