ハリCANE Vol.628

23. Apr. 2017
とても元気で綺麗な草花たち!
もう5年ほど草花を観察しているがとても勢いがあり元気だ。 今後は記録すべく専用に
SDを購入し、散歩の際にはカメラを持って歩くことに・・・

hana1_convert_20170423155707.jpg
巨大化してみたり株化してみたり、今まで身近な草花が明らかに変化しているように思える
のがこの5年の注意での結論。 咲き誇っているという表現がぴったりかもしれない。 

去年はどろぼう草が一部巨大化。 普通1mかそこらの草だが一部では2mを超える物が
ありました。 またエノコロ草の巨大化したものは去年のブログで紹介しています。
今年は菜の花。 画像の物は2.5mほどある。 普通せいぜい1.2~1.5m位の大きさ
のものですが、これらは標準を遥かに上回る。 今までに見たことのない背高ノッポの菜の
花はこの周辺の一部だけで他の場所では普通のサイズでした。

hana2_convert_20170423155736.jpg
まるで菊の花びらのような巨大タンポポ。 測定してませんが、直径5cm近くありそう。 
これも一部だけ、他の場所では全て標準サイズ。 しかし今年のタンポポは全体に元気が
良い。 数も多くまるでブーケのように数十本株化しているものもある。 ポピーも去年は
巨大に株化したものもあったが今年は例年通りの咲き方だ。 巨大株化すると大変綺麗
だが、翌年には普通に戻っているのがこの5年の観察の結果だ。

スポンサーサイト

ハリCANE Vol.627

22, Apr. 2017
バンブーロッド教室インターナショナル編
ksan2_convert_20170423154056.jpg

ブラジル人のCさん。 曲がり直しに挑戦。 曲がりの少ない竹を選んでも割ってみるとそれなり
に曲がっていますので、熱を加えて真っ直ぐにします。 熱源は色々ありますが、当スクールで
は安心して行えるヒートガンを使用してます。  初心者の方には最も苦手な作業ですがとても
大事な工程となります。 

ハリCANE Vol.626

09、Apr. 2017
シンメトリー87度イニシャルフォームの結果は?
87doubleinitial_convert_20170409103700.jpg
画像では竹片が三角形形状に削られていく様子が分かります

早々、当バンブーロッド教室で使ってみました。 初心者の方は三角形状ではない竹辺を
どう三角形状に削っていくのか疑問をお持ちだと思います。 竹片が三角形状でない場合
には60度の溝より87度の溝の方が竹が安定します。 あとはカンナを水平に押すだけ!

今回スクール参加3回目のIさんにテスト使用して頂きましたが、結果は予想通り。比較的
簡単に三角形状に削りだすことが出来ました。 ある程度三角形状が形成された時点で
フォームの裏側の60度溝で寸法を揃えます。

ラフカットは普通の60度プレーニングフォームを必要な量開いてで行うことができます。
ご紹介している87度イニシャルフォームが必ず必要という事ではありません。

ハリCANE Vol.625

06, Apr. 2017
シンメトリー87度/60度 イニシャル&ラフ
片側はイニシャル用87度。 三角形状でない竹片を最初に三角形にして行くのに使用。
87度はシンメトリーに加工してますので手返しよく作業が行えます。
fixed60_convert_20170406101044.jpg

イニシャルフォームで三角形状に削ったら寸法を揃えます。 裏側の60度溝は細い溝と
太い溝が加工してあり、ティップ用と荒削用になります。 竹片を面いっぱいまで削り込み
寸法を揃えます。  固定式ですが、ワッシャーを増減すれば多少の調整が可能です。
fixed87_convert_20170406101214.jpg

荒削りは初心者の方には難しい作業です。 三角でない形状の竹をどうやって三角形状に
するのか。 ミーリングマシーンを使用するのが最も効率が良いですが、カンナで削るには
慣れが必要です。 イニシャルフォームで大体の三角形にしてから反対側の60度溝で
ティップとバットを加工できますので、ベテランの方にも便利なフォームだと思います。 
当ロッドメイキング教室用に作ったのですが、販売もする予定しております。
プロフィール

三浦 洋一

Author:三浦 洋一
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR