FC2ブログ

ハリCANE Vol.651

21. Nov. 2017
利根川の遡上鮭
salmon_convert_20171121143056.jpg

近くに利根大堰という堰があり鮭の遡上を見に行ってきました。 ここは海から最初の
堰であり遡上してきた魚は一旦ここに溜まる。  堰堤下流500mは通年釣り禁止。
それより下流には釣り人の姿も見えるが鮭釣りは勿論禁止。 
 
魚道が設けてあり見学者の為に階段で下りてガラス越しに魚道を上る魚を観察する
ことが出来る。 この無料施設は案外近くの人でも知らない穴場的存在で運が良けれ
ば遡上の鮭を見ることができるのだ。

10月~12月が遡上が多いのですが、見れない時はなかなか姿を現さない。
今回はすぐに見ることができました。 またこの日は漁協関係だろうか、鮭を捕獲
していて何かを調査(遡上状況等)しているところも見ることができました。

スポンサーサイト

ハリCANE Vol.650

17. Nov. 2017
24分割トンキンスプリットケーン(ロッド4本分)
24piece_convert_20171117113955.jpg

ナタ割24分割です。 ティップ及びバットセクション各24分割で2ピースロッド4本分
となります。 手割の為割り幅はばらつきあります。 幅5~6mmとなりますので
#3~4ロッドに最適です。 細い分曲がり直しはかなり楽になると思います。

長さ150mm 24分割  ¥11,000+税となります。

ハリCANE Vol.649

07, Nov. 2017
ブラスリールフットを作ってみる!
ニッケルシルバーリールもほぼ作り終えましたので次はブラス(真鍮)リール製作
brassfoot_convert_20171107140050.jpg

ブラスリール製作するにあたりまずリールフットが無いのでそれから作ること
にします。 画像はニッケルシルバーに見えますが実際は淡い金色の真鍮。 
この後バフで磨き光沢を出していきます。 画像上はフライスでアール加工した
ワーク。 リールシートと接する部分となります。 この後旋盤でテーパー加工。

自作される方はリールフットの内側のアールがネックとなります。 フライスを
お持ちでない方が殆どだと思いますが旋盤でけで加工することも可能です。

具体的な製作解説は以前ににフライフィッシャーで5回連載(当時は月刊)で
又フライロッダースでは「ハンドクラフト教書」で行いました。 取材でははフラ
イスを使用せず旋盤メインの製作例で誰でも出来るという企画で行いました。
興味ある方は現在も販売されている「ハンドクラフト教書」をご参考ください。
 
現在レオンリール製作はマイペースで行っております。 リールをある程度
製作したら次はリールシートをまとめて製作します。 バンブーロッド製作は
それらが終わってから作り始める予定です。


ハリCANE Vol.648

1, Nov. 2017
リールスペーサーモルタイズド加工
mortaized_convert_20171101161749.jpg

最近はリール製作してますが今日は趣を変えてリールシートの加工をしました。
画像は二枚刃のモルタイズ用カッターを高速で回しフライス盤で加工しているところ。
かっては当店でもトリマーで使えるモルタイズド用ルータービットを販売してました。
今でもたまにこのビットについて問い合わせがあります。  もう製作販売の予定は
ありませんが、どうしても刃がほしい方は刃物工場を探し図面を書いて特注するのも
手です。 予算は2~3万円位見ておけば大丈夫でしょう。 もっと簡単に安くすませ
るのであればアメリカよりネイルビットを購入し、グラインダーで肩を落として使用す
る方法です。 バンブーロッド全盛時代には皆そうやって上手に加工したものです。
プロフィール

三浦 洋一

Author:三浦 洋一
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR