ハリCANE Vol.658

19.June.2018
またまたトレッキングの話
またトレイルを歩いている自分がいる・・・
1gds1_convert_20180619111512.jpg
葛飾北斎 「行道山くものかけはし」

昨年から始めた山歩き。 近くの山をメインにに月に3~4回位のペースで歩いている。
山と言っても初級レベルなので低山でまずは練習中。 しばらくお休み中のフライフィシング
もそろそろ開始しようと思いながらも次に歩く山を物色しているのだからフライを開始するの
はまだ少し先になりそうだ。  これまで歩いた中で思い出に残るコースは2月の宝登山。
秩父線の野上駅で降りてから入山しロウバイを見てから下山し長瀞駅から帰宅するコース。
野上駅に降り立った時からローカル感溢れ、あまりに楽しいコースなので自分の年間ハイキ
ングコース入り決定!

それともう一つ挙げるなら足利の行道山~織姫神社を回るコース。 上の画像は登山口に
ある浄因寺の清心亭を葛飾北斎が描いた「行道山くものかけはし」  関東の高野山と言われ
多くの僧が修行したこの寺の山には3万3千もの石仏があるらしい。 有名なのは寝釈迦と
呼ばれる石仏。 つまりこの登山道はかっての修験道なのだ。

1gds2_convert_20180619114405.jpg

行道山の登山口より少し登ると浄因寺の山門がある。 この雰囲気溢れる山門を見ただけで
楽しくなってくるコースだ。 山門は2つあり、この山門の上の方に先に述べた清心亭があるの
だが実は清心亭の存在に気が付かずに過ぎてしまった。 途中で気が付いたが見に戻るのも
大変だ。 紅葉の季節にまた必ず来るのでその時にゆっくり見ることにする。 ここも気に入った
ので年間ハイキングのコースに決定だ! 浄水寺の登山口から織姫神社迄は3時間30分位
のコース。 途中キツイ登りが数箇所ある。 最後の織姫神社から200数十段の階段を降りれ
ば登山終了。 そこには足利市の町並みが待っていてくれるのだがそのギャップがまた楽しい。 
スポンサーサイト

ハリCANE Vol.658

14. June. 2018
大平山アジサイ鑑賞&ハイク
アジサイの季節。 鑑賞がてらブラっとハイキング^^
1oohira_convert_20180614180707.jpg
栃木県大平山麓にある大中寺。 最初は真言宗だったお寺が荒れ果てて
上杉謙信の寄進で立て直されて以来曹洞宗に。 北条と上杉が和合した
場でもあり由緒有る寺だそうです。 とまあウンチクはさて置き。 紫陽花が
が綺麗な寺なので見に行ってきました。 
1oohira1_convert_20180614175555.jpg
七不思議でも知られる大中寺。 大平神社に出るのに僕の場合寺の横から
細い山道を辿れば30分程。 結構勾配がありますので覚悟が必要です。
1oohira2_convert_20180614175634.jpg
ここは大平神社。 紫陽花祭りが始まります。 まだちょっと早いですが多く
の観光客が訪れていました。 ここは桜も有名です。 名物は焼き鳥、団子、
卵焼きで神社の近くの食堂で食べることができます。 
1oohira3_convert_20180614175701.jpg
奥の院に続く行く道がそのまま大平ハイキングコースになってます。 栃木市
の人気コースNo.1。  大中寺を始点として一周すると3時間程。 僕は今年
これで3度目。 尾根のなだらかな山道が続いた後はまた登りが待ってます。
1oohira4_convert_20180614175725.jpg
展望も数箇所開け、関東管領を命ぜられた上杉謙信も眺めた景色でもある。
この後さらに山道を進み桜峠という休憩所で昼食をとり、清水寺(せいすいじ)
を経由して大中寺に戻ってきました。 


ハリCANE Vol.657

10. June. 2018
バンブーロッド制作教室
O氏のバンブーロッド教室参加の模様
osan3_convert_20170109185421.jpg
仕上げ削り風景
osan1_convert_20180610151413.jpg
接着風景
osan2_convert_20161231132618.jpg
接着、バインディング
osan_convert_20180610151231.jpg
大変綺麗にブランク完成。 Oさん5回コースご参加頂きましてありがとうございました。

プロフィール

三浦 洋一

Author:三浦 洋一
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR